映画 ハクソーリッジ 反戦映画でなく・・・

普天間飛行場も見渡せる、首里城から北東4kmにある浦添市の前田高地が舞台となっているが、映画の中では牛島満・中将が自決する場面が出たり、遺骨収集を途中でやめさせて造成した、那覇市おもろまち(那覇新都心)なシュガーローフと混ぜて、沖縄戦の戦場を映像化した作品であった。 イラク戦以後、ネット上でスナッフ映像があふれるようになった。ドキュメンタリー映像としての戦場やマフィア同士の抗争、その巻き添えと…

続きを読む

第103回近畿市民派学習交流会IN門真 関係ないけど、筆は南議連ネコババに…・

数か月おきに行われている近畿市民派学習会。MLでの活発な議論や情報交換だけでなく、集会での討議も、新情報や、他自治体の先進事例も含め、行政交渉・議会改革のネタとして活用させていただいています。 私の参加は、100回記念の堺であった学習会以来。 中盤からの参加でしたが、各議員らの姓草チラシも大量に収集し、更なる裏取りや詳細の問い合わせを行い、既に幾つかの交渉や質問を岸和田市と行っています。 …

続きを読む

石原慎太郎はまだほざく “裕次郎の兄”以外に存在価値のない彼に捧ぐ、忘備録

青嵐会時代から逃げの醜態をさらしてきた、小心者&裏切り者の石原慎太郎閣下が、豊洲問題で、TVや取材から逃げ回った姿には、老害とか老醜とでも名付けてあげれば満足だろうか?追加の恥はこちらで見てほしい。豊洲問題で石原慎太郎が「文藝春秋」に責任転嫁の言い訳手記を発表! 一方「週刊文春」は石原とゼネコンの癒着指摘 2016.11.19 リテラより再三にわたるヒアリング要請を「高齢」「体調」を理由に拒否。…

続きを読む