日本軍の戦時加害は、日本の裁判所に事実認定されまくり、それを稲田朋美弁護士も助けている

徴用工問題で、韓国大法院に噛み付くのは、「日本の現代史すら忘れてんのか!」と言われかねん話 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462600555.html 徴用工問題で、河野太郎外相が、強制徴用被害者に個人請求権があると認めた http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462883269.htmlで…

続きを読む

産経は、日本軍加害について、90年代までの姿勢を取り戻し、デマをやめ、まともな報道機関に立ち返れ!

そもそもの話、日本軍加害がなぜ戦後70年以上を経て、「なかった」論がでてくるかと言えば、資料発掘が困難で、それを取り上げるメディアも少なく、当事者である加害兵士も死に絶える中、記憶はなかったことにしやすいから。 資料がないのは、慰安婦関係の資料は、日本軍が焼却しまくって、証拠隠滅したで証言を示したように、陸軍大臣の阿南元大将が、その当時の高級副官に機密書類を燒くように命令せいというので、命令輩…

続きを読む

ネトウヨに贈る、日本人ルーツは、中国・朝鮮、縄文人系。

以前、こういう記事を書いた。明仁氏と上田正昭・京都大学名誉教授との交流2001年12月18日、明仁氏自身も日韓共催のサッカーW杯大会を前に韓国に対する印象を記者に問われて、「日本と韓国との人々の間には,古くから深い交流があったことは,日本書紀などに詳しく記されています。 韓国から移住した人々や,招へいされた人々によって,様々な文化や技術が伝えられました。 宮内庁楽部の楽師の中には,当時の移住者の…

続きを読む