自分が気に食わない市民へは「呆け老人」発言をする、トンズラ政治家スペル=デルフィン

「人のことをボロカスに言う」と書けば、「そら、お前のことやろ!」と返されるだろうか? 私は確かに他人を斬る。しかし、そこには言ってルールがある。 事実に基づくことは当然として、政治家や役人、著名人など、ある種権力であること、ネトウヨやヘイトなど思想が社会悪であること、目の前でも同様に斬ることなど。 これらができないなら、仲間内で愚痴る程度にとどめて、ネット上などで公言せんがよろし。 こん…

続きを読む

文楽で、排除後の自助努力も、自身の餌にする維新のえげつなさ

維新ウオッチャーではないが、ニュースなどを拾っていると、たまげるような記事に出会うことがある。今回のネタもそうだ。 自分たちが文楽を切り捨てておいて、文楽が切り詰めてなんとか立ち上がってくると、また寄り付いていく。人でなしとは、こういう人のことを指すのだろう。 しかも、こんな政治家に大阪府市が支配されているなんて、目も当てられない。 問題のTWはこれだ。吉村洋文(大阪市長)‏認証済みアカウ…

続きを読む

ポンコツ女性議員の「あるある」をさらけ出されても、有権者としては怒りしかなかろう。

8月12日の『こんなところにあるあるが。あるある晩餐会』(テレビ朝日系列、毎週土曜21:58~22:59)では、女性地方議員がテーマをとなっていた。サブテーマは、「一体どんな生活をしてる? 今何かと話題の女性議員あるある」をテーマに現職を含む議員経験女性が集結。女性都知事、セクハラ、暴言、不倫疑惑など、なにかと話題の女性議員の真実に迫る。」スタジオに集まった女性議員は現職6名(伊藤良夏〈維新 住…

続きを読む