議会フロアで、毎議会終了時、隠密に行われる、大名行列だか、参勤交代だかの儀式

岸和田市議会では、市民に隠して行う儀式が多々ある。その一つが、今回明らかにする、各会派控室へのお礼参りだ。 これは、議会最終日が終了した途端に行われる。3Fにある議員フロアの廊下での大行列。先頭は永野耕平(維新)市長や小山&土佐副市長、それに先程答弁を行う執行部席にいた部長ら30名強が続き、更に議会開催中も議会の後ろの隠れ部屋で答弁要員として待機し続ける100名超の課長が続く。このように行列は…

続きを読む

9月議会で、公明の維新奴隷ぶりが露見し、中核市に一転賛成しだす理由。

そもそも公明は、99年からの自公政権や大阪府市議会を見てもわかるように、権力の奴隷でしか存在を許されていない集団である。 だからこそ私は「コーモリ党」と揶揄するし、それに対して当の成長してもコーモリはコーモリのままな集団は、一切の返答すらできない。 岸和田でも、維新市長となる前からコーモリは市長提案に反対することなどなく、議会での無脳ぶりをさらけ出してきた。当然、市民に対して市政報告などでき…

続きを読む

フィードバックでなく、フィードフォワードで市政運営が進むように、職場環境を整備せよ!

私だけではないだろうが、市民派議員の先輩から「どれだけの課長や係長と対等に話ができるかで、議員の価値がわかる」と教えられてきた。現場を最も熟知し、政策について何ができ、何ができないのかを知っているのは課長や係長であることから、「議員である以上、知識や情報を持ち、共に知恵を生み出し市民貢献せよ」というわけだ。 私も20年前は根拠もなく荒唐無稽な勢いだけの提案などを恥ずかしげもなくしていた。そんな…

続きを読む