中央公園の駐車場、無料時間を伸ばせないか?

選挙中にも、調査を並行してやっております。 障がいをもつ市民から、電話で要望。「中央公園の駐車場、30分しか無料時間がなく、リハビリとしての散歩をするにも、時間が不足で料金がかかってしまう。 他の障がいのある仲間も、皆、それを言っている。 どうにかならないか?」 昔は、人が料金を受け取っていたので、障がいのある市民は、障害者手帳を提示するなどして、料金免除がなされていた。だが、機械式にな…

続きを読む

役所が予算をかけずに、すぐできる市民サービス。市営住宅リフォーム編

役所の常套手段「予算がない」と言われても、すぐできる市民サービスがある。 で、・ウエルエージングきしわだ健康ポイントの景品向上・小規模特認校・スポーツ観戦の岸和田市民デー・地域猫支援としての不妊手術チケットを提起した。 いずれも市のやる気と、議員の交渉で、すぐにでもできると考える政策だ。 今回はその2として、市営住宅での例を示す。 UR賃貸住宅向けアラカルトリフォームhttp://ww…

続きを読む

役所の常套手段「予算がない」と言われても、すぐできる市民サービスがある。

様々な住民サービスが、日本中で行われていて、「その先進例を自分の住む自治体に落とし込めないか?」は、私でなくとも各地の議員が取り組んでいる。 政党所属議員であれば、府連などを通じて情報をもっと詳しく得られるはずだが、公明党が岸和田に持って来た健康ポイントにしても、取り組み自体は成功例をもってきているので良いものの、景品がしょぼくて、やる気が起きるのかと疑問だ。 通常の景品は、図書券(500円…

続きを読む