真似するなら本家を超えられずとも同等程度のレベルで! ネーミングライツ編

一時、ネーミングライツが各自治体で流行っていました。泉佐野市は市の名前まで売り出していたほどだ。 1970年代に米国から始まったネーミングライツは、米4大プロスポーツ施設の約7割で導入され、欧州・アジアなどへも広がっています。 海外でのネーミングライツ事例の特徴としては、期間も長期でかつ金額も高い、大規模な契約が多いということ。 主な導入事例は、シアトル=マリナーズの本拠地セーフコ=フィー…

続きを読む

春木地区パレードでのインタビュー、鳥居議長、日本語大丈夫?

2015-10-01 11:35:52 9月19日 宵宮の午前中、ラパーク前でのパレードに先駆けて行われる、TV岸和田、毎年恒例のインタビュー。 そこで、ちぐはぐな受け答えがあったと、祭礼中に話題となりました。 私も録画していたものを確認したところ、「大丈夫かいな?」と思ったので、文字起こししてみます。 信貴市長編 女性インタビュアー: さぁ始まりましたがいかがですか? 信貴市…

続きを読む

公的な金銭の取り損ねはどうなっているか?

2014-09-22 19:48:46 税金徴収Gメンと言えば、国税局の査察官=マルサかしらと思っていたら、市税でもそういう係員がいる自治体があるようです。 法律でも家宅捜索を令状なしに行えるので、警察よりも強烈な面があります。 岸和田市ではさすがにそこまではやっていないのですが、様々な形で徴税を行っています。 先ずは委託業者と市職員が、電話で督促します。 その後は・・・・   納税…

続きを読む