エアコンを前にした灼熱の教室で、熱中症にでもなればと子どもを突き放す、永野耕平(維新)市長

夏休みに工事を行う小中校・幼稚園はあるが、大部分の施設には既にエアコンが設置されている。 しかし、1~2回の試運転以外にエアコンの効いた部屋で勉強した生徒はいない。 これは教委によると、・エアコンを入れるのは、9月1日からになっていて、工事未了の学校の生徒に不公平になる。・ガスを統括して契約しているので、9月1日より前に使うと、割高の料金となり、経費の問題が発生する。・メンテナンス契約が9月…

続きを読む

いい図書館を持っている町が生き残れる必然

私が地方自治体の主役として図書館にこだわるのは、知の集積であるからだ。だからこそ、そのプロである司書には「大学で勉強したら、勝手についてきた資格」ではなく、キャリアを積んですごい司書になってほしいと考え、上級資格の取得を目指してほしいと書いた。プロフェッショナル司書な認定司書を図書館で活かそう! 教委でも司書の重要性が施策に反映されていないのは、お粗末な議会のせいで、これは市民病院を閉鎖に追い…

続きを読む

岸和田市役所でも、子ども食堂のためフードドライブを! ”「議員なんて誰がやっても一緒」ではない”

昨日まででしたが、堺市役所で、子ども食堂の食材集めとしてフードドライブをやっていました。 堺では、市内30箇所の子ども食堂があり、今回のフードドライブでは、保存の効く食料を集め、子ども食堂などに食材を無償提供しているふーどばんくOSAKA(堺市東区)に一旦、全て集め、子ども食堂を主に配布します。フードバンクは、いくつかの団体があり、その中には子ども食堂だけではなく、女性や子どもがDVか…

続きを読む