3月25日(月)岸和田青年会議所による大阪府議会議員選挙立候補予定者公開討論会

既に府議選が始まっているが、その直前に行われた岸和田JCの府議候補者による討論会の様子についてレポートする。


19:30~21:30の予定が、20:20には終了。
1時間も早く終われば、中身が詰まっていたはずもない。


前田将臣(維新)、池田啓子(共産)、鎌田哲郎(国民民主)の3新人が出席。
唯一の現職である垣見大志朗(公明)府議が欠席した。


登壇者は相互質問の時間があったのだが、全く質問はなく、垣見氏の「あなただけが府議なんだから、その実績や内情の説明を求められたらどうしよう」トンズラも杞憂に終わった。


席順は、中央から前述のとおり。
これは登壇前にくじ引きで決めており、JCが維新後援会であっても前田氏に有利というわけではなかった。


質問についても
①自己紹介&府議を志した理由
②府議としてどのような仕事をするか
③大阪都構想について
④カジノを含むIRについて
⑤少子化について
⑥岸和田・府政への思い
で、特に前田氏に有利な質問でもない。


垣見氏の欠席については、
永野耕平 岸和田市長 @qohey4251
共産党に追随する公明党。
公開討論会にも欠席の公明党。
都構想の住民投票についての約束も守らない公明党。


公明党が良い政党になってくれたら、もっと大阪も岸和田も良くなります。
11:11 - 2019年3月28日
とのTWで、永野(維新)市長は、恨み節を投稿していた。



中身は、
前田:
府庁を民営化などで小さくして、財源を作り、それで住民サービスを行う
(たかひら注:
維新はこれを言い続けているが、そのような施策になった事実は、発生から10年が経過してもない)


池田:
カシノ、都構想NO! 


鎌田:
都構想NO! 是々非々で対案を出す
というのが主要な考え。


池田氏は、
・1兆円の国費を使って国民健康保険の掛金を社会保険でサラリーマンが支払っている金額と同等にする。
(たかひら注:
経営者が半額負担している掛金を、税投入するということ)
・夢洲について
2029年3月まで産廃で埋めることになっていたものを、万博誘致で金を払って土を集めて埋めるようになっている。
メタンガスが出るので、最低2年間使えぬし、千里の万博会場で開催する方が良い。
・カシノは、府民がギャンブル依存症となり、設けは外資が持ち去る。
・中小企業への補助金で地域を活性化する。
・子どものワンコイン医療を岸和田で15→18歳にする。
・チャレンジテストは、競争教育に拍車が掛かる。
35人学級実現で、教師も働き方改革できる。
・保育士の時に出会ったような重い障がいがある子どもも、誰にとっても良くなる岸和田にしたい。
市議を16年やってきたが、再度初心に戻って頑張りたい。


鎌田氏は、
・都構想
行政サービス、区役所・学校・病院・図書館が減少。
600億円ぐらいかかるのに、大阪市は特別区となり格下げとなる。
経済効果もない。
・IRは先に導入し、カシノは経済効果があると見込まれるも、依存症や犯罪の懸念があるので、それを払拭してからにすべき。
・少子化は経済的余裕が無いのと、出会いがないのが問題。
近所のおせっかいおばさんや上司の紹介もなくなっている。
6万円/月の助成をしたり、婚活や仲人業に行政が参入してはどうか?
・岸和田は魅力ある街だが、商店街でも店舗撤退など元気がなくなっている。
大企業やショッピングモールなど、昼間人口を増やしたい。
前市長の信貴氏ともう1人(この人も金銭授受が噂されている)が欠席を表明。維新の永野氏だけが出席表明だったため、中止に。


前田氏は、
・福祉・教育・医療機能を備えたグローバルな大阪にする。
教育もそれに対応させる。
・カシノは当初1兆円、その後7600億円の経済効果が見込めるので、それで依存症対策も行う。
・少子化は、子育て世代へのサポートや教育の質の向上、授業料無償化や塾代の補助などを、行政の無駄をなくして生んだ財源で行う。
・大阪は成長している。
岸和田も賑わいを復活させて成長せねば。
府と岸和田をつないで、成長していける岸和田にしたい。



この討論会が行われるのは、2017年11月の市長選挙以来。
2018年2月の市長選挙時は行われず。
その時のことをプレイバックする。


永野耕平 岸和田市長 @qohey4251
第二次岸和田市長選挙、公開討論会、僕以外の全候補が欠席。ということでなくなってしまいました。
市民にとって、候補者の政策を聞く大切な場です。残念。


#岸和田 #永野耕平 #市長選挙 #公開討論会
21:10 - 2018年1月23日


コーヘーはこう呟くが、市議、西田候補が断るにも理由があった。
ヒデオ @Pc5vXzzFU0r0MfB
第二次 岸和田市長選挙、
永野耕平氏が理事長を務めるJC会での政策討論会では公正な討論にならない、と 他の候補者2人が、その事を指摘しただけで、永野氏
「政策討論会がなくなったよ」とだけ呟く無神経さ。
これは維新、永野耕平、岸和田JC理事長の誤解を招く不公平で無責任な発言です。
17:13 - 2018年1月25日


朝倉忠 @asakuratyusan
岸和田市長選挙、自分が理事長を務める会での政策討論会が公正なはずがありません。他の2人ともその事を指摘しただけやのに、政策討論会がなくなったよ、だけ呟く無神経、維新、永野耕平!岸和田JC理事長。
13:43 - 2018年1月25日


とのTWが示すように、コーヘーが理事長をしているJCの討論会に公平性が担保されるかと、他の二人は断っている。


当時の私のブログから
人間やめますか、永野耕平やめますか。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/456562133.html
では、
維新が主催する公開討論会を最初に断ったのは西田氏。
それを隠して、未だに西田一座の構成員の反甫旭(自民)市議は、「信貴は逃げた」と言いふらしているようだが、自民党から「お前のような者は、維新に行け!」と言われているだけある反甫氏は、またもや維新&西田と二股かけているのだろうね。
恥ずかしいから、表に出るのはおやめなさい。


また、8日の良子ママ付き永野耕平出馬会見は、公開討論会打診時には、他の候補に予想されていなかったものだ。
公益財団法人のJC主催であるからこそ、第3セクターの岸和田TVも中継をするわけで、これが泉州市民連合のような多彩な市民の集合体の主催であっても、どこかの政党主催であっても、岸テレが中継を行うことはない。
その中立性を、自ら損ねておいて、さも逃げたように書くとは、耕平氏の底意地が悪さが出ているね。


しかもそれを断ったことをネタにするなら、西田後援会や信貴後援会、中立で吉野後援会が主催する公開討論会に、維新は参加するのか?
何より、候補者数が市長と同じの市議補選で、なぜ公開討論会をやらんのか?
市長選のそれが中止になってもならなくても、市議補選のそれは行えるのに、なぜやらんのかね?
私は、維新が主催する公開討論会でも行くので、立会演説会のワンコーナーとしてでも用意してくれたまえ。


更に、耕平氏は、JCOBのシニアに対しても、理事長として支援願いのお手紙を送っている。
(引用ここまで)


この幻な市長討論会よりは、開催されただけマシということか・・・


しかし、市民の関心は低調で、入場者はJCスタッフを入れても30人ほどであり、浪切小ホールでも空席だらけのガラガラ状態だった。



開始と終了を告げる司会とは別に、コーディネーターとして奥好司(奥保険事務)が登壇していたのだが、これがまた酷い。

「田原総一朗氏のようにどちらかに肩入れしたり主観で進行はしない」と宣言し、「では○○さんどうぞ」以外の言葉は一切喋らず。
こんなものはコーディネーターとは呼ばない。

討論番組での司会の役割は、朝ナマであろうが、NHKの日曜討論であろうが、観衆が訊いてほしいことを登壇者に厳しくツッコミを入れる事でもある。

司会からも鋭い質問が飛ぶからこそ、論戦が白熱するのだ。


それができないなら、登壇すべきではない。
役不足も甚だしい。


観衆は、質問どころか拍手すら禁止され、録音も撮影も禁止させているのだから、そのフラストレーションを議論の中身で満足させる進行ができないのであれば、誰が時間を使って顔を晒して会場に足を運ぶだろうか?


時間が1時間も早く終わるなら、司会がコディネーターとしての役割を果たせぬなら、会場からの質問を受け、参観していたコーヘーにも市長として、維新岸和田支部長としての質問をふるなど、来たかいがあったと思わせねば、今後もJC年場40名だけの内輪の会となり、そんな小規模であれば、登壇者も時間を潰していく必要があるかと参加を拒否されるだろう。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村



この記事へのコメント