いよやかの郷を20年間無料で使える権利、KPGでもなく、グランドホールでもなく、椿薬局にハンマープライス!

99年開業の牛滝温泉やすらぎ荘(愛称:いよやかの郷)。
10年×2回にわたるカトープレジャーグループによる指定管理を経てボロボロにされ、今後20年間(更に20年間延長されると予想)は無料で運営できる権利が入札され、先週決定した。


㈱カメリヤ・プランニング
http://t-gp.co.jp/company_tsubaki.html
熊取町大久保東1-5-16
代表 椿本 勝彦


本体は㈱ツバキファーマシーで、ツバキ・オレンジ薬局の名前で、泉州を中心に薬局を展開。
いよやかと同じ入浴施設では、貝塚市の松葉温泉 滝の湯を経営している。


山口組と地上げをしてNYタイムスに報道されたラブホのチャペルグループKGPや、永野市長仲間で、五風荘をがんこ寿司から奪い去ったグランドホールとは関係ないようですが、ダミーである可能性も完全になくなったわけではないし、今後も監視し続けます。


それでも「入札参加者がない」との情報を得ていた私としては、ホッとしている。
談合して、役所が更に条件を下げた後に、「仕方ないな。 入ってやろうか」と言って入るのではとならなかっただけマシか。



いよやかは、2500万円/年間を岸和田市にショバ場代として払っていた。
それは、確かに指定管理者として市に収益をもたらしているのが、他にはがんこ寿司の1242万3457円(2016年)ぐらいしかないので、5億5千万円/浪切ホール、6千万円/だんじり会館(岸和田市観光振興協会)と比べれば、その点だけを見れば優秀ではある。 
しかし、60億円もかけた施設を預かりながら、従業員を半減させ、施設管理を怠り、キャンプ場方面の階段が崩れているどころか、メインホールの吹き抜けから雨漏りがしても放置し続けるような運営をしたことや、新聞紙上を賑わせる事件を起こし続けてきたことから見れば、岸和田市にとって得はなかったと言えよう。


廃止?超リニューアル? いよやかの郷を、2019年4月からどうするつもりやねん!? http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/462554419.html


永野友達だけが利権を貪る岸和田市 五風荘
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/463596866.html


維新にそっぽを向かれ、公明に揉み手で近寄り、公明入りを画策する?永野耕平(維新)市長
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/463591184.html


KPGと永野友達なグランドホールが「どっちが山口組とパイプが太いか競争」で、指定管理を取り合うことがなくなったならば、私もブログや、各駅での演説も多少は役に立ったことでしょう。


グランドホールは永野友達、永野は殺人企業ヤノコーポレーション友達、ヤノは山口組の本家を建てたとの噂を市民の誰もが耳にしている、岸和田市の土建業界を牛耳るドンとの構図ですから、「友達の友達は皆友達だ、皆に広げよう山口組の輪!」が行き渡り、市民が声をあげられない街で、山口組やコネと関連がない企業が落札したのならば、歓迎すべきことでしょう。


ヤノって山口組からは「うちと関係ないから、煮るなり焼くなり好きにして」と返答されていると聞いているので、ケツ持ちがいる半グレどころか、ヤクザ来る来る詐欺な半端モンでしかないんだけどね。


最近はかなり深い情報を公開し、こういう事を書いて煽るので、あちこちの筋から「どこまで書いてええかわかって書いてんのか? まぁまぁ踏み込んどるで。 
防弾チョッキ着とけよ。 中古やったら安いのあるやろ」
と、同時多発的に忠告されています。
いま私が殺されても、入手した情報は止めている分も含めて全てネット上にアップされるように手を打っていますので、殺すなら、ドタマを1発の即死でお願いしておきたいね。


その後の情報流出をどう収束させるのか、成仏せんと見ときますわ。



いよやかに関しては、椿薬局が既に1箇所入浴施設を経営していることから、営業のノウハウを持っているのではないでしょうか。


ちゃんと営業してくれればと望みます。



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント