談合を合法化するプロポーザル入札を駆使して儲けに走る?維新

プロポーザル入札とは、主に業務の委託先や建築物の設計者を選定する際に、複数の者に目的物に対する企画を提案してもらい、その中から優れた提案を行った者を選定すること。


この手法自体は談合やイカサマ入札とイコールではない。
しかし、使いようによっては、イカサマを合法化するデコレーションとなる。


そんなプロポーザル入札というイカサマ入札が、大阪市でも使われていた。
「でも」というのは、ヤノ支配下の岸和田市で既に利権の温床となっていると私が警告しているからだ。
大阪市のそれも岸和田市同様、どんな提案が各企業からあったのかなどが、入札終了後も一切不明で、チャンピオンのものだけが公開される。
各企業を競り競わせ、より良い提案を求めるためにやっているのだから、新潟県魚沼市のように最終的には入札参加前企業の提案を公表すべきだが、それをすると談合が出来ないため、行政もぐるみで結果公開をしないシステムにして、談合を合法化している。


公募型プロポーザル方式における第2次(最終)審査結果 魚沼市
最終更新日 2016年04月15日
http://www.city.uonuma.niigata.jp/docs/2016032500027/


岸和田市でプロポーザルが、高額入札には行われ、低額なものは一般競争入札となっている。
これも、「高額事業でないと、談合しても利ざやを抜けないので、安い事業は公平・公正な一般競争入札にしているのか?」との疑念を市民にい抱かせる。


1.中学給食センターについて
岸和田市はなぜ給食センターを建設するのか?
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/436946782.html


財政破綻するほどの土建行政! 給食センター建設しなければ、給食無償化可能だったのではないか?
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/453140886.html


整いました。 岸和田公明の古紙&給食センター利権疑惑 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/463695440.html


2.上松・山下住宅新築工事について
まだまだ土建屋様の城下町で、システムとして税金を土建屋に上納する岸和田市役所。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/454618488.html



この手法を上手いこと用いて、大阪市が行ったのがこちら(元サイトには登記簿等もあり)。


某大阪市市有地払い下げ入札に疑問の声もーー「維新の会」との関係は?(上場企業も関与)
2019.1.17 22:28 山岡俊介 
https://access-journal.jp/17265
より
 政界関係者などの間で、昨年後半に大阪市が払い下げした土地の入札に関し疑問の声が出ている。
この土地、敷地面積は約2774坪、売買代金は80億円という大規模なもの。
それだけに、当然ながら入札形式を取ったのだが、関係者によれば、「応募は一社しかなかった。その場合、入札をやり直すのが通例だが、そのまま決まった」という。
また、「一般競争入札ではなく、プロポーザル形式だったから、市側が恣意的に業者選定をすることは可能」(前出・関係者)とも。


そうかと思えば、ある地元大手業者不動産担当者は、「普通なら入札の案内が来るはずだが、うちには来ていない」とも。
その大阪市の市長を15年12月から務めるのは、「大阪維新の会」公認で当選した吉村洋文氏(43。冒頭写真中央人物)。政令指定都市長の中では千葉市長に次いで2番目に若い。
その吉村氏、市長になる前には「維新の党」公認で衆議院選挙(大阪4区)に出馬し1期代議士も務めている。
そんなことからこの払い下げ、「維新の会」さらには松井一郎大阪知事、橋下徹前大阪市長との関係を云々する声さえも出ているのだ。


 その疑問の声も出ている土地とは、大阪市北区の市水道局の元扇町庁舎などがあったところ。扇町公園のすぐ南側の一画(横写真の黄色囲みの駐車場)。
ここに地域にも貢献する医療ツーリズムにも対応した国際的な地下1階地上13階の総合病院(560床)を建てるというプロポーザル提案が評価されたとして、医療法人「医誠会」(大阪市東淀川区。谷幸治理事長)が落札した。


もっとも、医誠会は旧富士銀行の銀行店舗ビル管理から出発した不動産会社「ヒューリック」(3003。東証1部。東京都中央区)と業務提携し、下記写真の不動産謄本のように所有権のほとんど(100分の95)は同社が所有。なお、100分の1を所有する「仁厚医学研究所」(倉敷市)の代表理事も医誠会の谷理事長。


 この医誠会、大阪府を中心に病院を15、介護老人保健施設を6つ経営している。そして、この医療法人の資産総額は約56億円。
「医誠会は維新の会と親しいという話が出ています。ですがこの医療法人の規模では、こんな大きな病院を作り経営できるのか? 22年開設を目指すというが、そもそも財政的に無理との疑問の声も出ています。


また、例え開設されても、周辺にはそれなりの規模の救急病院が3つあり、医療ツーリズムといってもそれだけで成り立つわけもなく、経営的にやっていけるのかという疑問の声も出ています」(北区の医師会幹部)
そうかと思えば、大阪市においては他にも大型施設建設の入札で市議会からも疑問の声が出ている件がある。


来る参議院選挙を控え、対抗する事情通の自民党筋が流しているとの情報もあるが、確かに疑問に思わないわけにはいかない点もあるだけに、今後の展開も含め要注目だろう。
(引用ここまで)


既に維新には、森友学園問題で籠池のオッサンの番犬となっている過去がある。


もろだし学園番犬な村上栄二氏の「自分から絡んできたのに、即ブロック!こそ逃げの常套手段」な話。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/447804606.html


村上栄二(東淀川区)&市位謙太(淀川区)の維新合作、もろだし学園番犬の恫喝公式記録
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/449438102.html


森友が逃した府緑化補助金 交付先と維新のただならぬ関係 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/452290925.html


森友学園問題って、元は維新だと再度言っておく。
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/458027602.html


森友学園番犬の維新(中川隆弘・府議)&自民(黒川治・兵庫県議)を示す出来事 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/458940989.html


私学無償化も、それで公立を潰した後、私学に有利な金儲けに誘導できる展望があるように見える。


大阪府財政が維新に代わって更に悪化している事実と、維新デマへの反論 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/448714996.html


維新がよく言う「平松市長時代に比べて、ハシシタ市長時代は教育費を5倍にした」とのさも維新が教育に熱心かのように思わせるデマの検証。
2011年度 平松市長時代:
こども青少年費 1687億円
教育費 980億2200万円
合計 2667億2200万円


2014年度 ハシシタ市長時代
こども青少年費 1713億1900万円
教育費 845億5600万円
合計2558億7500万円


ハシシタ市長時代となって、108億4700万円減。
トータルで4%ほど減っている。


もう一つ言えば、維新の教育改革で、大阪の校内暴力発生件数は全国1位になってます。


教員募集については、どアホノミクス同様、採用枠が少ないので、好況のように見えますが、応募人員は減少傾向です。
そりゃ、どこの不嫌悪試験も受かるのであれば、労働条件の悪い大阪府を選びませんわな。
大阪府/報道発表資料/平成31年度大阪府公立学校教員採用選考テスト志願者数(確定値)について
2018年6月22日 14時0分
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=31244
では、
・志願者数:8,490名(昨年度9,809名)
・倍率:6.0倍(昨年度6.5倍)
となっています。


新人が入らない穴埋めをしていのは定年後の再任用教員か、講師です。


このように教育予算を削っている維新が、教育の下支えである公教育向上を考えているわけがない。


私学番犬として、つまみ食いしているだけです。


事業と教育、どの面を切っても利権や銭の臭いが溢れてくるのが維新だと、見抜いておかねばなりません。






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事へのコメント