いじましさの烙印を持って産道から這いずり出てきた神谷昇(自民)衆議員とオール阪神氏の業

初秋頃、このような泉大津を舞台にした話を書いた。


いずれも泉大津にとどまらず、岸和田や和泉、玉造までを行きつ戻りつしながら、現在も続く話となっている。


これは「その5」まで続いた、違法選挙報酬受取疑惑について、10月10日、問いただしに行った様子。

NGK2回公演で、16時過ぎにNGKを出て、堺筋から千日前線、小橋町を左折する、いつものルートで20分後の16時半頃には自宅に帰り着いた阪神氏。
インターフォンを鳴らすと、「吉本興業広報のカサイに訊いて」と逃げをうち、再度鳴らすと、妻の高田良美氏が「警察を呼ぶから待ってて」との返答。

映像はここまでだが、待つこと数分。 すぐ近くの交番から制服警官が3人登場。
私には何の犯罪行為もないので、あえて職質を受けてみた。
30分ほど立ち話をして、私の帰りを見届けたいと警官にお願いされたが、それは拒否して、私は立ち去った。
道を間違えて、再度逆方向へ向かったら、私が去った後も、警官は近隣をチャリでグルグルと回っていた。

翌日、カサイ氏に取材すべく、大阪吉本に電話をかけ、「東京吉本所属」と言われ、東京にかけると「外出中」と言われたので、電話番号を伝え、折り返すように告げ、15日夜に「取材要請を正式に行ってくれ」と電話があり、現在進行系である。

ブログで、当初取材していた産経新聞について書くと、吉本興業から産経新聞には抗議があったようだ。
私にはないので、記者には「どうぞ、私にコンタクトを取るよう、伝えといてください」と要望するも、返答なし。

笠井氏とはその後メールのやり取りはあったが、トンズラした。
海外出張中という返答も疑わしい。
出張が本当なら、1ヶ月以上を経ても音信不通で、海外でピラニアにでも食われていないかと心配する。

そんな笠井氏もトンズラしなければならない理由はこれだ。

f:id:kurohata73:20181210194020j:plain

f:id:kurohata73:20181210194032j:plain

これまで私が書いてきた産経新聞のゲラである。

名前は消したが、この記者こそ、阪神氏から直接「神谷氏から100万円貰った」と証言された記者である。

これが吉本の手回しか、お蔵入りとなっている。


読売など他社も追ったが、どの社もこのハードルをクリアできず、報道にまでこぎつけていない。


f:id:kurohata73:20181210194040j:plain

この質問状は、

「オール阪神250」 その4 神谷→阪神への第3の“こんにゃく”半分 2018年 http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461638383.html

で、

「2016年4月6日(水)18時から、アゴーラリージェンシー堺 4Fロイヤルホールにて、神谷昇氏の政治資金パーティーが行われた」と書いた、50万円ギャラを阪神市が手にした、銭の流れを問うものだ。


回答責任者は、神谷氏の娘であり、まさに自らが銭を運んだ、公設第1秘書の神谷「一発してしまいました。 このまま子供出来たらいいいのにと思いました」郁画氏。


この封筒に入った銭の目撃者は、郁画氏→X氏→阪神氏だけではない。

その場面を再録する。

阪神氏には事前に50万円の「お車代」が渡されると伝えられていた。

しかし、舞台で最重要セリフをトバしたのに、それだけのが金額は支払われるのか?

阪神氏の胸に不安がよぎる。

それが態度に現れたのは、控室で次から次に運ばれてくる高級会席料理の食事で腹を膨らませ、アイスコーヒーを飲んでいる最中だった。


通常、腹が満たされれば、気分は上向きになるものだが、四六時中借金に追われる彼は、生理学とは異なる反応を体が示す。

神谷郁画・秘書から4F受付横で白い封筒を受け取ったX氏が、タイミングを見計らって封筒を差し出すと、阪神氏は大好きな坂田利夫氏の真似でおどけ、「あ~りが~とぉさ~ん」と受け取った後

「この封筒、ホンマに50万入ってるの?」

X氏に訊かずにはいられなかった。


再度訊く。

「確認した?」


X氏はマネージャーでも何でもないのだから、封筒の中身まで確認するはずがない。


阪神氏は封筒を開け、声を出して札を数えだす。

30を超えた辺りで、X氏は「まだ残ってますやん。 40なんかありえんから、50ですよ。 間違いありません」と声を掛けるも、阪神氏の指は止まらない。


40を超え、阪神氏の顔にも笑顔が見え始めた、ちょうどその時、控室の扉が開いた。

そこにいたのは、X氏の仕事仲間だった3人の男性である。

「阪神さんと写真をお願いできませんか?」


このお願いはX氏も事前に聞き、承諾していたが、約束していた時間はもう少し早かった。

3人は、「阪神さんも後の用事があるかもしれないし、お帰りになる前にお願いしよう」と気を利かせたつもりだったのに、それが裏目に出てしまう。


「あ・・・」

固まる室内の二人。

瞬間、X氏は機転を利かせる。

「ギャラやギャラ」

3人はX氏の説明に何の疑問も持たず、写真を撮り、談笑して部屋を出ていった。


「あ~、冷や汗出るわ」と焦ったのはX氏のみ。

笑みを覗かせ阪神氏は無邪気に「50あったわ。良かった~」とはしゃぐ。

(引用ここまで)


まさに「40枚・・」と数え中に訪ねてきたX氏の仕事仲間だった3人の男性との記念写真はこれだ。

f:id:kurohata73:20181210194244j:plain

阪神氏は覚えているだろうか?


神谷浪人が出馬した、2014年11月21日の衆議院解散に伴い、12月2日に公示、12月14日に 施行された第47回衆議院議員総選挙について、阪神氏は吉本に「応援に行っていない」としているが、

例えば、カンカンで、そして外環沿いの和泉市南部リージョンセンターでは、大渋滞の為遅れ、夜の岸和田を山直磯ノ上線を挟んだ和泉市と比較して、「真っ暗で、北朝鮮のようだ」と西田武史・岸和田市長候補応援の浪切ホールでくさした、杉本太平(自民)府議の場繋ぎに間に合わず、喋る予定のなかった“春木の恥”こと、職員が作ってやった議会質問の漢字すら読めないので“ひらがな議員”とも呼ばれている坂本健治(自民)和泉市市議にまで喋らせ、期待通りカミカミ劇場を披露している。


杉本氏と言えば、

大阪府議会議員杉本太平オフィシャルブログ
に、神谷氏のぞんざいな姿がアップされている。ので、お茶受けとして引用しておく。

f:id:kurohata73:20181210194313j:plain

さすが神谷氏、新人衆議員として出番が無いと分かっているね。
一人だけ背もたれに深く腰掛け、「万博誘致? 関係者から最終の誘致活動の動向? わしゃ関係あらへんがな」との心情を最大限体現してますな。

神谷おろしで、次の18区衆議員となる杉本氏は、あえてこの写真を使ったんでしょうね。
私も乗っからせてもらいまっせ。


阪神氏は、10万円弱の寄付で、濱8町のだんぢりに午後の熱きかちあいで乗りっぱなし、地元からも「言っつまで乗ってんねん!! タクシーちゃうぞ!」と、苦情の声を聞く。

このように町からも嫌われているからこそ、
でも書いたように、私が現場で阪神氏に挨拶しようが、阪神氏にタカり、若頭責任者までやった岸和田旧市でも嫌われる、旧姓横谷な近藤大工メ~ンを、かちあいの場面で何度も追い払おうが、町の曳き手は私に向かっては来なかった。
私もと町と問題を起こす気もないし、降りかかる火の粉を払っただけなので、阪神町も横谷町も町名を書く必要がないので書いていないしね。

この時撮っていたビデオを、頼まれていた人に渡すと「怒号が何回も入っていて、編集に苦労した」と愚痴られたけれど・・・・


いじましブラザースでは、神谷氏も更にそれにタカる岸和田寄生虫議員軍団も、恥ずかしい犯罪者軍だと呼ばれよう。

2017年11月30日


2015.2.26 15:18
https://www.sankei.com/west/news/150226/wst1502260043-n1.html

より

神谷氏の事務所によると、昨年10月初旬、地元で開催予定だっただんじり祭りを支援するため、神谷氏の親族が5万円を町内会に寄付。その後、町内会が設置した寄付者名を示す掲示板に「五萬円 神谷昇」と記された。数日後、掲示を知った神谷氏が公選法抵触の可能性などを懸念して掲示を外すよう求め、町内会も応じたという。ただ、返還までは求めなかった。



3.票は銭で買うのが常識、金権政治上等!な岸和田では、市長選で、西田氏も100万円を渡してます。 市議編
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/455290144.html

より

2015年統一選挙に際して、

㈱シイナなる土建屋の取締役+保険代理店なのに“無職”と称し、市民や従業員をも小バカにする、右翼・三和塾の使者こと稲田悦治市議稲田氏が、2015年選挙で、神谷氏に10万円貰っている。

“春木の恥”こと井舎英生氏は、神谷貯金箱から5万円引き出している。

“荒木町の恥”こと反甫旭氏は、寄付金額の100%が、神谷マネーの10万円。


こういう岸和田寄生虫ズもそのうち、メディアで報道されることを期待したい。




泉大津市はいじましい連中がぬくぬくと育つ巣箱だって、神谷後継の南出市長の例もオマケとしておく。

南出賢一・泉大津市議のあきれた公約と議員生活の差

http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/444768871.html

より

2016年3月議会で、議員報酬増額議案に賛成しておきながら、同年暮れの市長選挙となると、「市長報酬を20%、退職金を40%カットし、人材育成等の財源にします」と宣言。

この矛盾については、逃げ続けて回答しやしない。


首長で言えば、大阪府知事は報酬3割カット、退職金なし(報酬に加算されるので、今期は焼け太りとも言われているが)、吉村洋文・大阪市長は「報酬4割カット・退職金なし」を初登頂時に宣言しています。
南出カットよりより多額の返上ですが、それと比して報酬2割・退職金4割カットがどうなのかを説明しなければなりません。

他のカット例で言えば、河村たかし・名古屋市長、竹山修身・ 堺市長がゼロ。
阿久津憲二・元那須塩原市長は20円。
他にも特例的に規定額の半額にしているところが千葉市など2市あったりします。


だいたい、退職金は廃止が潮流なのに、なぜ4割はもらうのかねぇ?


更に神谷昇・元市長(現自民衆議員)らの市長に対して、「報酬・退職金カットすべきではないか」などの議会提案をしたでしょうか?
議事録検索からはそのような発言は見つかりませんでしたが。
しかも自身の報酬やボーナスが任期中に増額された場合、南出氏はどうしているでしょう?
すっくりそのまま受け取ってますね。





参考:吉本興業笠井氏とのやり取り
10月20日 11:01
笠井様

先日は連絡いただき、ありがとうございます。

ご案内いただきました、取材要請文を送付させていただきます。

日時等は幾つか候補を提示いただき、返答は、当メールあてによろしくお願いいたします。

場所ににつきましては、大阪吉本本社似てよろしくお願いいたします。

たかひら正明
岸和田市春木大国町8-9
080-6178-6006

以下質問につき、対面取材でお願いいたします。

1.阪神氏が、神谷昇(自民)衆議員より、2012年、2014年選挙にて選挙応援報酬として得た100万円及び、2018年アゴーラ堺でのパーティー挨拶での報酬50万円について。

2.辻宏康・和泉市長における、2005年の市長選挙初出馬時(落選)の選挙応援報酬として得た30万円について。


これらについては、既に詳細をブログなどで公開しておりますので、それらについての質問として、参考になさっていただきたく存じます。

吉本と政治、銭の融合。 大阪18区での神谷衆議員とオール阪神氏によるごっちゃんなる日常 予告編
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461619834.html

「オール阪神250 ~神様からの100+100+50の贈り物~」 その1 玉造の自宅にて

http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461624765.html
より
 「オール阪神250」 その5 バレた違法行為
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/461652911.html
までのシリーズ

阪神氏による神谷応援予定の発言

オール阪神氏「神谷衆議院候補の応援行くで!」 選挙応援で応援費用を100万円どころか、1円でももらえば、違法なんだけど・・・・
https://youtu.be/UeHbRZickPU


なお、参考として、阪神氏の選挙応援報酬の授受が違法行為であることの法的根拠をお示し致します。

公職選挙法
第221条 (買収及び利害誘導罪)
1 次の各号に掲げる行為をした者は、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。
一  当選を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて選挙人又は選挙運動者に対し金銭、物品その他の財産上の利益若しくは公私の職務の供与、その供与の申込み若しくは約束をし又は供応接待、その申込み若しくは約束をしたとき。

3  次の各号に掲げる者が第一項の罪を犯したときは、4年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。
一  公職の候補者

第222条(多数人買収及び多数人利害誘導罪)
1  左の各号に掲げる行為をした者は、五年以下の懲役又は禁錮に処する。
一  財産上の利益を図る目的をもつて公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者のため多数の選挙人又は選挙運動者に対し前条第一項第一号から第三号まで、第五号又は第六号に掲げる行為をし又はさせたとき。

3  前条第三項各号に掲げる者が第一項の罪を犯したときは、6年以下の懲役又は禁錮に処する。


公職選挙法221条1項1号により,当選する目的をもって,金銭を渡した場合には,3年以下の懲役か禁錮,または50万円以下の罰金に処せられることになる。
公職の候補者がその行為を行った場合にはさらに重く罰せられる(3項)。
また、多数の人に対して金銭を渡す行為を行った場合については、更に厳しい罰則が定められている(222条)。



笠井氏から。
10月20日 14:43
たかひら正明さま
お世話になっております。
先日は、電話にて失礼致しました。
取材依頼書、ありがとうございます。
週明けに改めて、ご連絡致します。
よろしくお願いします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
笠井 陽介
                                                         
吉本興業カンパニー
株式会社よしもとアドミニストレーション
総務本部 広報室
〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-21
phone 03-3209-8290  fax 03-3209-8263
mobile-phone 090-8572-3193
mailto:kasai.yosuke@yoshimoto.co.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


10月24日 7:16
以下のメールを最後にメールは途絶えた。
笠井氏の安否を、私は今も気遣っている。

たかひらさま
お世話になっております。
取材依頼ありがとうございました。

今週、海外出張中でございまして、帰国次第、
各所確認の上で、ご連絡差し上げます。

よろしくお願い致します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
笠井 陽介

この記事へのコメント