違法看板を撤去させました!

2016年のネタだが、アカウントごと消えてしまっていたので、再録する。


岸和田市で公道に設置された井舎英生市議と稲田悦治市議の違法看板を撤去させた話。


春木の駅下がり、春木若松町の泉州池田銀行前に、こんな看板あったの覚えてませんか?

これ、私も気になっていましたが、フェンスが市のものですねん。

この違法議員は、それを知った上で、「市のもんやったら、俺のもんやろ!」として看板を取り付けていました。

撤去済み 若松町 (1)_R.JPG


撤去済み 若松町 (2)_R.JPG


私は先ずフェンスについて、誰の品物か、仮に私有物だとしても許可を市が出しているか、無許可設置かを調べました。

その経緯については、建設管理課からの回答を引用します。
「6月8日に財政課より、たかひら様からのメールを受け取り、確認したところ、市の施設に両議員の看板が設置されておりました。
その日の夕方に、両議員に連絡をとり、看板の撤去を依頼しました。

6月9日・6月11日 両議員より、撤去した旨の連絡がありました。
上記が6月8日からの経過であり、以上のとおり回答いたします。」

ということで、
建設管理課はフェンスが設置されている泉州池田銀行春木店前のKさんと、春木若松町町会に事情を聞きます。
ですがKさんも町会もいつ誰が設置したのか不明との回答。

フェンスが設置されて10年も経過していないはずであり、Kさんが勝手に自分の家の前にフェンスを設置されて、市に事情を聞かないとは思い難いので、Kさんは知っていると思われます。
そりゃそうでしょ。
工事する側もその家の人には工事前には承諾を得るでしょうし、看板を設置した井舎さんや稲田さんもその家の人に何も言わずに看板を設置するはずがありませんから。

で、指摘を受けてあわてる・・・といった構図以外の可能性がありますか?と、Kさんには聞きたいぐらいです。

フェンスが公共物となれば、市の財産を管理する財政課担当となりますので、そちらからの回答もいただきました。

「お問い合わせの件につきましては、6月9日 稲田議員 6月11日 井舎議員より連絡がありました。ご指摘の公共施設については、順次点検を行っているところですが、今後、より一層の点検を推進してまいります。」


議員らには、建設管理課から6月8日夕方に撤去依頼がなされています。
それ以前から私が指摘しているのを両議員は知っていますから(「知らん」と言うなら、議会内で情報を回してもらってないか、余程地震の情報アンテナが錆びついているかですから、議員としての情報収集能力に難ありです)、
当日に撤去すべきですが、翌日になった稲田さんは往生際が良いとしましょう。

それより2日遅れた井舎さんは、どのような言い訳をするのでしょうか?

稲田さんから「もう外したで」と、聞いてないのでしょうか?
それとも市からの撤去依頼にも、逃げ切れると思っていたのでしょうか?

こういうところで、人間性としての性根が見えるのかもしれません。

稲田さんも褒められたものではなく、「単に老獪で、逃げ時がわかっているだけ」だとしておきます。

私の想像では、
「たかひらからの指摘はわかっていた。 しかし、看板設置時に、Kさんにも了解を取っており、ダメだと確信できなかったので、静観していた。市から撤去要請が正式にあったので、速やかに撤去した。」
と言うでしょうね。

これは政治家としてはよくある逃げ口上なので、それにも王手をかけておきます。
「議員として、たかひらのような私人よりも法に触れるか触れないかの知識はあり、確認手段も持っているはずだが、それをどう駆使したのか?」
と聞けばいかがでしょうか、答えられますか、稲田さん?


突っ込まれて困るような、恥ずかしい言い訳は、先読みしてしないようにした方がよろしいね。

この記事へのコメント