雪本清浩・議長、井舎英生・市議が、書類送検されました。被疑者から被告人になるかな?

政治家の看板の必要性がわからない、たかひらです。
ポスターは、選挙前が中心なので必要悪な部分もあるかと考える部分もあります。
しかし、恒久的な立て看板は要りますかねぇ?

あれって、本来の意味は、議員への連絡所。
でも現実には、議員の宣伝にしかなってませんよね。

そうでないなら、市民が何か問題が起きた際、「どこに言えばよいのかわからない」とは言わないんじゃないですか?
看板を設置している場所が、駆け込み寺的に使われていますか?

それよりも、私に連絡が来る方が現実的じゃないですか?

そんな無駄に思える看板、違法なものは撤去させています。
これまでは岸和田市選管から議員に指導をしてもらっていたのですが、「違法がナンボのもんじゃい!」と開き直る議員が多く
違法看板を撤去した方がバカを見るような状態にもなっており、
是正した議員らからも「もっと撤去させよ!」とも言われておりました。

そこで、選管経由で議員には最後通牒を突きつけ、予告なく刑事告発に至ったもの。

雪本清浩.jpg

雪本 清浩     昭和31年6月29日     磯上町2丁目19-28    072-438-3327     4期 新生改革


34587井舎 英生.jpg
井舎 英生     昭和21年12月6日    春木中町4-17    072-437-4779        1期 新生改革

http://mitumerukisiwada. seesaa.net/article/453295361. html

11月30日に、私が神谷昇(自民)衆議員から岡林憲二・岸和田市議を介して、井上源次・反甫旭・両市議に20万円が渡った件について、刑事告発を行った時、雪本氏は「えらいこっちゃ! 受理されたら、議会で懲罰など、どうしたらええんや!」と慌てていたそうです。
反甫氏は、一旦、銀行口座に入金し、10月22日に衆議院選挙が終了した更に後、11月1日に返却しており、万引きした漫画を読み終わったので、店に戻したのと同じように見受けられる悪質さですから、その事実が確認された時点で議会で審議すべきでしょうな。



そんな慌てふためいた姿を見ていた他の議員は、雪本氏にこう言ったそうな。
「心配せんでも、あんたも告発されてるがな」

雪本氏は、目玉が飛び出さんばかりに驚いたようです。

私のブログを、書かれた本人は見ないようです。
腹立たしいのはわかりますが、私が書いているのは「悪口」ではなく、事実に基づいた批判ですから、記載内容に誤りがあれば、直接言うてくればよろしい。
そして書かれた本人は、周辺から聞かされて、「うぬぬ・・・・」と、奥歯を噛み締めているようです。

現に私は、間違いがあれば、横線で消して、訂正箇所がわかるようにして、訂正や謝罪を行っています。
これは日本でこそ馴染みがない手法かもしれませんが、欧米メディアでは日々行われている当たり前の手法です。

さて、自分が書類送検された雪本議長は、どうするんでしょうね?

容疑は、
空き地への看板設置で、 事務所機能がない場所への看板設置として、
公職選挙法(文書図画の掲示) 第143条 16項
違反となります。
2017.9.7 衆議員無し_R.JPG



後日、報道されるかもしれませんが、受理番号なども記載しておきます。
岸和田署の受理番号は、386号です。
両人とも、数回呼ばれて、取り調べを受けた上、書類送検されています。
名前を書いた札を持っての写真撮影や、10指の指紋なども採取されているでしょうし、
口内より綿棒でDNA採取をされているかもしれませんね。
これで行旅不明人や、災害時の被害の際には、人物特定できますね。

検察庁は、福島の大阪地検に送検されていて、 検察の受理番号は井舎氏21063、雪本氏20164号です。

12月27日付で書類送検されています。




参考:
(公職選挙法第143条第16項第1号)
◆政治活動用事務所から相当はなれたところに掲示することや、 政治活動用事務所の存在しない駐車場、 田畑等に掲示することは禁止されています。

16項 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者( 公職にある者を含む。以下この項において「公職の候補者等」 という。)の政治活動のために使用される当  該公職の候補者等の氏名又は当該公職の候補者等の氏名が類推され るような事項を表示する文書図画及び第百九十九条の五第一項に規 定する後援団体(以下この 項において「後援団体」という。) の政治活動のために使用される当該後援団体の名称を表示する文書 図画で、次に掲げるもの以外のものを掲示する行為は、 第一項の禁止行為に該当するものとみなす。 

 立札及び看板の類で、 公職の候補者等一人につき又は同一の公職の候補者等に係る後援団 体のすべてを通じて政令で定める総数の範囲内で、かつ、 当該公職の候補者等又は当該後援団体が政治活動のために使用する 事務所ごとにその場所において通じて二を限り、掲示されるもの


(公職選挙法第143条第17項)
期限切れについての条文記載はありませんが、 証票自体に期限が記載されていることから、期限が切れたものは、 更新手続きをとらねば違法であることに言を待ちません。

17項  前項第一号の立札及び看板の類は、縦百五十センチメートル、 横四十センチメートルを超えないものであり、かつ、 当該選挙に関する事務を管理する選挙管理 委員会( 衆議院比例代表選出議員又は参議院比例代表選出議員の選挙につい ては、中央選挙管理会) の定めるところの表示をしたものでなければならない。

この記事へのコメント