永野“不動産王”孝男のお宝紹介

互礼会後、1.4東京ドームにも行くことなく、正月の旧市を散策していると、色々と発見したものがある。

先ずは、自らが世襲理事長な児童養護施設の岸和田学園と、
維新会派内ですら、幹事長にも数人しか推してくれない人望あふれる姿で有終の美を飾った府議人生により、
生涯を税金による蓄財に捧げた、
銭儲けと不動産王の座に君臨する永野孝男(自民→維新)元府議の接待場所。

永野孝男.jpg

「市長に出たいねん!」と、野心あふれる顔ですな。

DSCF6225_R.JPG

場所は北町。
息子で世襲の永野耕平(維新)府議でなく、前田将臣(維新)市議の看板を立てているのは奥ゆかしいね。

西ノ内町から北町に越してきた原田筋で繋がった永野氏と西田武史・元市議&市長候補。
今では別所町と、最近では岸城町にお引っ越しというか、近所では破産トンズラとの評判が高い。
私が聞き込みしてたら、「市長選挙でのうのうと西田推ししまくっとったが、『借りた金は返せ!』と言うといてくれ」と言われたと記しておく。

DSCF6224_R.JPG

なぜか表札には「永野」と「牧」の表札。
三田町に里帰り中なのか、呼び出しボタンを押しても不在なようで、ホンマに誰か住んでんのか?とも疑った。
電気メーターのカウントも遅いしねぇ。

だが、牧さんご家族は住んでいるようだ。
上の子どもは、近所の学校にも通っているようだし。

永野さんは、住んでなさそうだけど。
それとも夫婦別姓なのかしら?
耕平府議の妹は。

関西の医大の名誉教授の血筋だそうだが、医師ではなさそうだがね。

永野3兄弟の子どもである4姉弟で、社会的地位を自慢できるのは、婿の弁護士と耕平・府議と、大広告会社勤務だった息子か。
ブラック残業で50万円の罰金を受けた広告会社より、地元で人間らしい働き方の方をオススメしたいね。
それでこそ、孝男氏がすがってきた偏狭な自民や維新とは異なる大アジアな福沢諭吉翁からの学びも活かせるはず。


実はこの家は、こんなに深いウナギの寝床状の家となっている。
このガレージ、以前は貸していたようだが、今は自分たちだけが使っているようだ。

DSCF6226_R.JPG


なぜって?

理由はコレ。
永野孝男 北町のヤグラ.png




たまたま1分10秒ぐらいの北町の映像を切り取ったが、この木で組まれた足場の出っ張りってなんだ?

実は観覧席になっていて、ここへ府の役人だの維新議員だの支持者だのを呼んで接待している。

そのために家をかなり奥にセットバックしているってわけよ。

まさに“票を銭で買う岸和田”を実践してるわね。

しかも小便は北側壁にやり放題で、アルコールチックな尿臭が周囲には漂っていて、近所からの苦情によって簡易便所を設置している。
ここ数年、隣のお家も同様の見物席を設置したので、永野櫓からはだんぢりが見えにくくなり、集客力は落ちたようだ。
WCは、向かいのだんじり劇場で貸してもらえるように話ししたげようか?

この家、土地込みで1億円はくだらない価格で買ったそうだけど、孝男氏は生涯、税金だけしか収入がないのに、どうやってこんな大きな買い物ができるほど蓄財できたのかね?

この農転ハウスな孝男邸も含めて。

DSCF5999_R.JPG

他にも蓄財というか、社会福祉法人 阪南福祉事業会名義の不動産は広げまくっているが、そこはあからさまでないので、私も突きにくい。
それでもこんなに不動産バブリーな社福は珍しいのだけれど。

しかし、この家は社福と何ら関係ない私有財産だからね。
どうやって税金人生から蓄財したか、岸和田学園の子どもたちには、支払われた税金が充当されているのかを、私が議員となれば、泊まり込みで調査させてもらうから、楽しみにね。

それまでに子どもを移動させたりせんように。
ありのままの姿も拝見させてもらうから。

近所からは、パトカーが来るだのといったやんちゃぶりは聞いてるから、子どもたちの不満も是非とも伺わしてもらうわね。


もう一点はオマケ。
堺町を歩いていると、遠藤敬(維新)衆議員ポスターが貼ってある家を見つけた。

DSCF6222_R.JPG


こここそが、
でしました、渋谷和則氏の実家でしたわ。


DSCF6223_R.JPG


表札見ても、ファイナルアンサー。



では、岸和田市議会の議員の悪事を一覧表にしています。
ぜひ、どれだけひどい議員がそろっているのかを、有権者として許せるのか、ご覧ください。

この記事へのコメント