「予算がない」を行政の逃げ口上にさせない、不妊手術チケット活用例

公益社団法人 どうぶつ基金では、不妊手術のチケットを、個人の抽選だけでなく、行政枠として特別に配布しているものもあり、行政も予算を組まずとも可能な施策として、協力をお願いできないかを模索すべし。

岸和田市は、私がこの例を示しても、「担当課がない」(自治振興課)など、寝惚けたことを言い続けている。
市民のために汗をかきたくないなら、役所を辞めてくれんかね?


公益社団法人 どうぶつ基金
さくらねこ無料不妊手術
平成29年度 行政との協働実績・資料

https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/document
より
近隣の組織は、
泉大津市役所
大阪スポーツみどり財団
浜寺公園管理事務所。

このうち、行政である泉大津市に訊いてみた。

泉大津市 環境課 カワカミ:

捕獲のかごの設置、動物病院への移動などの実務は、以前から保護活動を行ってきたねころじの会が行っている。
市は、苦情のある自治会の話を聞いたり、依頼を受け、事業・活動を説明した後、ねころじの会へつないだり、市の行事での広報活動、餌やりのルールについて、市のHPで周知を行ったり、片付けをしないで餌やりをしている人等がいれば、指導も行っている。

不妊手術は、天神橋バンビの森どうぶつ病院で行っていて、そこで利用できるチケットを、どうぶつ基金から年間30枚×3~4枚寄付してもらい、ねころじの会へ渡している。
事業については、猫の写真付きで、手術した匹数、捕獲場所、状況などについて、報告書をねころじの会に作成してもらっている。

職員は、猫を捕獲して、不妊手術して、地域猫として返すTNRについての勉強をしており、苦情等についても説明できるようにしている。


たかひらの考える泉大津方式の問題点
1.どうぶつ基金が、チケット配布を辞めた場合、どうするのか?

2.ねころじの会におんぶにだっことなっているが、会が人手不足や、病院への送迎ができない(送迎は会が負担してくれている)などで活動を休止した場合、誰がTNRを行うのか?

1・2とも市の回答: 
まだ想定していないが、突然やめることはできないので、想定しておく必要がある。

3.市営住宅で、餌やりを許可していない状況下で、大家として居住者に「ルールを守らせて、猫を敷地内から追い出せ」と、迫られた場合。

市の回答:
今、そのような問題が顕在化していないが、考えておく必要がある。

4.獣医師会に説明はしたか?
事後説明となって、横槍を入れてきた場合、どうするのか?
同じ不妊手術代金を落とすなら、大阪市内よりも泉大津市内に落とす方が良いし、移動も便利だ。
泉大津市内で受ける獣医師がいても、獣医師会に入っていないところとなろうが、それでも獣医師会に根回し的に説明は必要だ。

市の回答:
獣医師会は知っていると推測しています。
泉大津の獣医師が引き受けてくれないかとの話は、今後の課題です。

この記事へのコメント

  • やまだ

    たかひら様の、幅広い市民の皆様に対するご尽力に胸が熱くなります。
    私も結婚前は兵庫県で両親らとともに、不妊去勢手術及び里親探し等の地域猫活動をしておりました。両親らはNPO法人を立ち上げ、今も精力的に活動しております。
    地域猫活動を始めた際に1番のネックは避妊去勢手術の費用捻出でした。
    長年ひとりでパートをかけもちしながら手術費を捻出されている方もたくさんいました。
    色んな動物病院に回り、地域猫活動にご協力いただけないかと、費用の値引きなどをお願いして回りました。
    なかには野良猫なんて汚いから連れてくるなと言う獣医師もいました。
    地域猫の場合は、費用を半額にしてくださる動物病院に巡りあえましたが、値引きのことは口外してくれるなということでした。
    兵庫県獣医師会から、手術費値下げは許されないとの方針で、圧力をかけられるからとのでした。既得権益を守るのに必死ですね。

    里親探しを行う保護猫カフェによく行きますが、保護された猫らは、市営住宅で独居の高齢者の多頭飼育崩壊によって、酷い惨状のなかから動物愛護団体が保護した子がとても多いです。
    この例は日本全国で散見され、今後も増える問題ですので、行政も事が起こってからでは遅いですよね。
    さくらねこ活動にもご尽力いただき、ご意見を届けていただき誠にありがとうございます。
    2017年12月19日 05:45
  • たかひら正明

    >やまださん
    >
    コメント、ありがとうございます。

    TNR活動を熱心にやられている方からは、よく「活動やってなければ、今頃ベンツに乗っている」と言われるほど、治療費、エサ代、移動などにお金と手間と時間をかけて取り組まれています。

    不妊手術の部分では、どうぶつ基金が援助し、協力的な獣医師もその輪に参加していますが、その教育に税投入されていることから、本来、獣医師会が社会貢献として取り組んだり、行政が環境問題として取り組むべきことです。

    ところが、お示しのように獣医師会はTNR協力する獣医師に圧力をかけ、行政は餌やりに圧力をかける、社会貢献とは逆の方向でその力を使っています。

    中核市まで行かない、動物愛護センターのない市町村では、岸和田市のように地域猫担当すらなく、議員も何も学ばずに質問するので、「管轄外だから、府に言え!」との行政の門前払いを正当化してすらいます。

    私自身が、ほぼ家におらず、保護できる状況にないので、せめて何とか、このバカバカしい責任放棄をやめさせるべく、頑張っていきたいと考えております。

    実際に活動されている方々とも、お会いして学ばせてもらうようにしていますが、こちらでも指導頂ければありがたいです。


    2017年12月19日 09:16