大澤町、土砂崩れの人災で、水没した地域へ泥かきの助っ人へ参加。

防災士MLに、社協の泥かきボランティア募集の情報が流れていたので、チラシまきを中断し、10時過ぎより、夕方まで参加してきました。

私が
で行ったのは、土砂崩れの下、内畑町付近。

水没していたのは、下大澤で、そちらには行けていませんでした。
外環状線から向かうと、河合町までの間で通行止めで、旧の外環から河合町へ回り、再度射撃場の方から大沢町へ向かいます。

本来は9時半に大澤山荘集合だったのですが、遅れたので、直接現場近くに向かいました。

集落で水没した家や工場の泥やゴミとなってしまった家財などを出していきます。
全国放送などが、昨日押し寄せたとかで、写真はNG。

ガレージの中のものを全て出すように言われましたが、写真やアルバム、年賀状など思い出の品とおぼしきもので、濡れ方が薄いものは、別途、棚に避けていきます。
途中から来た助っ人が、泥の付いた番線を、アルバムの上に不用意に置き、泥がついてしまったので、「ここは、濡れていないので、アルバムなどを置いています。 泥のついたものは、棚の反対側に置いてください」と注意。
その人も次からは気をつけてくれました。

缶ジュースなども洗えば飲めるので、別の場所に溜めましたが、沢山の子ども用品や木製の家具なども捨ててしまいました(泣)
午後には、中もスッキリし、ガレージとして使えるようになっていました。

その後は、溝の泥かき。
これがキツイ!
泥は重いし、幅が狭く、クワしか入らない。

泥かきを始めていた女性は「他にももっとひどいお宅があるので、そちらへ回ってください」と遠慮されました。
皆さん、そのように遠慮されるものの、手を付けることができる場所から少しでも片付けなければ、数日後にはまた新たな台風22号がやってきますので、躊躇せず掻き出します。

途中昼になり、女性からおでんとおにぎりをいただきました。
断水や下水が使えないお宅があり、女性のお宅は両方使えるようで、炊き出しをしてくださり、ご近所が寄って、一緒にいただくことに。

そうこうしていると、14時半頃には帰るというJCの建築業軍団が短い昼休みしか取らずに来てくれ、畳を上げて床下の泥かきを始めたので、そこに参加し、一輪車で泥を外に運び出します。
表まで出せば、市が委託した業者が持っていってくれます。

私は、青年会議所を“日本会議の下請け”、“ボンボン”と批判していますが、このような時は、もちろん、協力します。



その後、石材屋の泥かき。

途中、反甫旭(自民)市議が前の道路を横切りましたが、いかにも今来ました丸出しな泥が全くついていない格好だったので、「今頃来たんか!」と声掛け。
当然彼は無視。

JCの呼びかけできたのでしょう。

反甫氏がその他大勢として含まれるJC軍団は、空き家で水に浸かった家具や畳出し。
私が途中から参加すると、反甫氏が畳を出していましたが、ボンボンとして箸より重いものは持たずに反甫不動産&レンタルビデオ屋で猫可愛がりされた彼は、これまで持ったこともないのでしょう。
他の方から「なにしてんねん!」と怒られていました。

その直後に私も畳を運びますが、私の他に数人が反甫氏を抜いて、先に置き場に畳を持っていきました。
現場を見て、どこを通れば、早く仮置き場に行けるかを自分で考えず、前の人が通ったとおりについていったようで、そうなっているのですが、反甫氏の前の人は、スピーディーに運んでましたので、鈍くさく運んでいるのに遠回りした反甫氏の遅さが目立った次第。

それでも、短時間だが汗をかく行為を行っていたところだけは評価する。
50歳の俺の半分の年齢で、俺の半分以下のスペックなのは、嗤うしかないが。

大型家具などを運び出した後は、小物を家族の方などが出すというので、JC軍団は運び出すものが多い工場群へ。

私は再度溝掃除。

ようやく一区切りする場所まで女性とやり遂げました。

DSCF5993_R.JPG

3代目に写っている軽トラの更に奥の通路ぐらいから、30mぐらいはあったかな。

腰も鍬を握っていた手もキツイ!

後は、また明日。


今日見かけた反甫氏以外の政治家。
昼頃に共産党市議団が、府のヘルメットかぶってきてたわ。

内畑で半分道塞いでいる土砂捨て現場もチェックするように伝えておいたが、ちゃんとよぉ見るんか?
DSCF5979_R.JPG

府は、「まだ指導段階で違法でないので、業者名は公開できない」とするが、「道を塞いでいるんだから、業者が復旧しない限り、作業や道路補修の経費を府は請求しなければならず、それが訴訟となれば、自然と公開されるよ」と念押し。

「保安林ではないのか?」との問いにも、
「保安林ではないが、森林区域であるので、岸和田市が届け出をするよう指導している」

内畑町2733-1 山林 6403㎡は、K氏が所有者。

その向かいの建設現場のゴミ要コンテナを多数置いている場所も、業者名の看板もなく怪しい。
2730-1、2732-1 山林 2955㎡ 和田滋氏所有。


午後には、信貴市長も発見。
今日はヘルメット無し。
市民と話すのを通りすがりに聞いていると、「ごみ収集用のパッカー車を、6台追加した」と言っていた。
地蔵浜の処理場が閉まってしまうので、1回で終わりだろうけど。


さもやってますみたいに、TWしていたのは、公明党。

大澤視察 公明.jpg

創価学会を隠れ蓑にして、法人税逃れしている公明新聞から
台風被害の現場に急行 | ニュース | 公明党
公明新聞:2017年10月25日(水)付
https://www.komei.or.jp/news/detail/20171025_26106
より
公明党の石川博崇、山本香苗、杉久武の各参院議員と、浮島智子、鰐淵洋子の両衆院議員は24日、台風21号による大雨の影響で土砂災害に見舞われた大阪府岸和田市へ駆け付け、被害状況を調査した。垣見大志朗府議と地元市議が同行した。

22日午後5時半ごろ、同市南部の大沢町で発生した土砂崩れにより、市内を流れる牛滝川上流がせき止められ、近くを通る府道40号が冠水。車両2台が水没し女性1人の死亡が確認されたほか、多数の家屋が浸水被害に遭った。

一行は、土砂崩れの発生現場で信貴芳則市長らから被害状況などについて説明を受けた。その後、被害の大きかった下大沢地区を訪れ、被災者を見舞った。木材加工業を営む岩崎洋さん(50)は「ライフラインが復旧しないと、仕事ができない」と窮状を訴えていた。

石川氏は「被災者の不安を一日も早く取り除けるよう、府・市と連携し、早期復旧に取り組む」と話した。
(引用ここまで)


大々的に宣伝していますが、人災の原因となったヤノコーポレーションについて、どこの議員が問題提起をしていたでしょうか?

そんな予防的措置や、市民に危険があることを明らかにせずに、崩れた途端に、見物だけ行って、やってますアピールは、やめてもらえますかねぇ。


更に
石川 ひろたか‏ @Hiro_Ishikawa
17:51 - 2017年10月25日
ヨリ
昨日、山本・杉両参議院議員、浮島・鰐淵両衆議院議員と #岸和田 の災害現場で直接把握した諸課題をもとに関係省庁に働きかけ。
明日、国交省が専門家を派遣する事になりました。
引き続き垣見府議他と連携しながら復旧を前に進めて参ります!

などと、知ったふうなことをつぶやいていますが、前述したように、内畑や牛滝だけでもまだ危険な箇所はある。

DSCF5994_R.JPG

これは崩れれば、牛滝ポンプセンター辺りに土砂が崩れる、矢野繁和氏の弟、嘉和氏所有と言われるソーラー発電予定地。
工事業者を変えても着工していないのは、売電価格が下がったためでしょ?

こんな山を削って、大雨で地盤が緩まないわけがない!

どうぞ、大口をたたいたなら、公明党は、これらの問題を解決してもらいましょうかね。


また、空き家から出たところでJC軍団と一緒にいる反甫氏に、言ったこともオマケして書いておく。
「こうなる予想がついたから、9月議会中に会った時、『ヤノコーポレーションについて議会で追求しろ!』と言うたやろ! こうなってから来たって遅いんじゃ! 12月議会には必ず質問せぇよ!!」

反甫氏は、「11月の選挙で頑張ってください」と小声で返すのが精一杯だった。
何だこれ?
嫌味か?

てめぇは議員だなんだから、てめぇの仕事を完遂してから、嫌味言ってみろ!


ヤノコーポレーションの人災だとは、被災された皆さんは十分ご承知だったが、再度情報提供もしておきましたので、ヤノコーポレーションがどんなコンプライアンス基準を持っているのかしらんが、私の後に取材に向かったメディアにトンズラするのではなく、人災の説明責任を果たすように!!


では、岸和田市議会の議員の悪事を一覧表にしています。
ぜひ、どれだけひどい議員がそろっているのか、あなたが有権者として許せるのか、ご覧ください。



この記事へのコメント