森友学園事件の発端を切り開いた、木村真・豊中市議とガッチリ共闘!!

そろそろ11月19日告示の市議補選用選挙ポスターや、市政報告チラシを作成中です。

インパクトのあるものをと考えていたら、市民派市議から「木村君と取ってもらったらいいんとちゃうの?」とのアドバイスを貰いました。

木村さんね、あまりに近すぎる存在で、気づかんかったわ!!

実は、木村さんによる「近畿財務局が森友学園にナンボで土地売ったんか公開しろ!!」訴訟の記者会見があった翌日の2月10日、私は木村さんと一緒にいました。
当日は、連帯議員ネットの総会で、私も「維新勢力の腐敗実態」を約1時間かけて報告した日。
総会後の懇親会で、電話のたびに何度も会場から出ていく木村さんに、隣りに座っていた私が「えらい電話かかってくるやんかいさ。 どないしましてん?」と尋ねると、「近畿財務局が土地の値段を公開しよってん。 それでマスコミから取材の電話攻勢で、えらいこっちゃ!」となって、「悪いけど、先帰るわ」と言い残し、それからは大人気講師となって、全国を飛び回るようになってしまったのでした。

9月議会も終わり、新たな調査をするため、豊中の事務所にいる時を狙って、写真をお願いしました。

事務所の前

DSCF5897_R.JPG

近くの公園で
DSCF5905_R.JPG

どっちの写真が良いかしら?

チラシ作成者におまかせしております。


そして、せっかく豊中まで来たので、以前はネトウヨ養成の国、安倍ちゃん記念小学院に行ったし、今回は籠池のオッサン宅を見てきました。

小学院は、既に草ボーボーになりかけとか。
豊中市で活用しろとの9月議会質問もあったようですが、土地は国のもののままやし、建物は藤原工業の抵当権がついとるし、破産管財人もつくしで、管理関係がややこしすぎるから、そのあたりが整理されないと交渉にも入れないとの答弁だったそうです。

質問した議員が、摂津JCに行って、「甘い汁吸う時代は終わりや。 JCは社会貢献したいやろ? 藤原工業とかと話つけて、無償で建物を豊中市に貸しなさい!」と説得して、
国にも「こんないわくつきになってもうた.土地を誰が触りたい? 豊中市に無償貸与して、音大と市民のための音楽を使った、高齢者や子どもたちのための建物に使わせなさい!」と交通整理までしたらよろしい。

建物が朽ちる前にやらんと、解体に億の銭がかかりまっせ。
それとも東京オリンピック後の不況に備えて、公共事業としてとっとく?

そんなこんなで、梅花学院西側の高級住宅街にある籠池邸前。
住宅地にありがちな4m道路。
ここにマスコミが群がってました。

籠池のオッサン邸 (1)_R.JPG


道路に面しているのは、通路で、そこがお家への道。
これ、建て替えの時、どうするんかね?
というか、間口2mないのに、建築基準法上、よく建築確認通ったね。

籠池のオッサン邸 (2)_R.JPG

通路を入れば、お家だけど、よく見えず。
赤いママチャリ止まってたし、息子か娘は住んでるようでした。

籠池のオッサン邸 (3)_R.JPG

そう言えば、渦中の最中、息子と対談してくれって頼まれたことがあったわ。

菅野さんと息子が話して、まだそんなに時が経ってない頃だった。

「近畿財務局も籠池のオッサンも悪いと思っているのに、破産した塚本ネトウヨ幼稚園の子どもや保護者の話も聞かずに、オッサン側の話だけ聞くような器用なようなことようぉせんわ」
と断った。

以来、籠池のオッサンとの接点と言えば、木村市議や他の市民らと共同告発人になっている、「どの役人が籠池のオッサンに8億円もまけて土地を売ったんや?」刑事告発程度。

今回の衆院選で、本日の新聞調査のように仮に自民が一定安定議席数を確保したとしても、何ら明らかになっていない森友・加計問題は、トコトン追求すべし!!


この記事へのコメント