アホの足立の秘書が、反維新から宗旨変えしてまた門真市議選出馬だって? 川口元気氏

以前からない退職金や、報酬減額(実は20%カットから15%カットへの増額)のイカサマをネタにして市長となった維新の宮本氏が君臨する門真で、またぞろ維新市議候補が出そうだとの情報を戸田市議から得た。
しかもその2015年の市議選落選者である川口元気氏は、アホの足立の秘書として、維新奴隷となって帰ってくるようである。

川口元気.jpg

川口元気 ビラ.png


川口氏自身は、市民の革を被って、門真市の音楽イベントにも参加するなど選挙運動の最中であるものの、何もしない人なので、2015年は反維新だった程度の情報しかない。
よって、オヤジであるアホの足立の情報で、その奴隷である川口氏の志向も予想してみる。


川口元気 音楽イベント.jpg
門真市が川口氏の選挙に税金で一役買った音楽イベントのチラシ。
今後、戸田さんからもう追求される見通し。



1.森友学園 とのつながり

国有地格安購入の立役者である酒井弁護士は、アホの足立こと、足立康史(維新)衆議員とつながりがあるようだ。
2017.03.16 20:30|カテゴリ:政治経済|
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15928.html
2016年1月1日付
では、
「酒井康生弁護士が、2016年1月1日より、一般社団法人箕面青年会議所 理事長に就任いたしました。」
とあるのだが、
日本会議と親和性の高いJC自体が出自の候補者が散見されるなど、維新と関係が深く、選挙時のバックボーンとなっている例が多い。
2016年メンバーとして、冨田裕樹・秘書が、足立やすし事務所所属として明記されている。
また、摂津JCともろだし学園工事業者のオッサンがつながっているとも言われています。


2. 籠池のオッサンの子どもがアホの足立の秘書だった話。


3. 維新のマネロンをアホの足立が告白。
「なんば維新」に一旦プールされた政党交付金は、年を越して、おおさか維新の会の各支部に戻されたものと考えられる。そのカラクリを、他ならぬ維新離党組の足立康史衆議院議員がツイッターで口を滑らしていた。

〈維新の党の残金は、当面の必要経費を除いて国庫に返納しました。必要経費については、残留組は維新の党として年越しできましたが、おおさか組はできません。そこで、なにわ維新という暫定の箱を作って年越しした次第です。ザッツオール。〉(16年5月26日付け、原文ママ)

 足立議員は〈必要経費〉などといってごまかしているが、〈暫定の箱を作って年越し〉を狙ったことをはっきり認めているのだ。なお、足立議員はツイートで「なんば維新」ではなく「なにわ維新」と書いていたが、調べてみたところ、これは単純な取り違えのようだ。


4. 「アホの」足立の語源


5. 選挙では買収約束で逮捕員も

彼は通産官僚から。2011年3月退官し、みんなの党に入党しますが、2012年9月にはみんなの党を離党して、日本維新の会の結党に参加。
そのまま同年の第46回衆議院議員総選挙で初当選を果たします。
みんなの党が、吉田嘉明・DHC会長に渡辺喜美代表が8億円の小遣いをもらって破綻するのは2014年3月ですから、それ以前に在籍1年半で政党を抜けた彼は、変わり身術でも身につけていたのでしょうか?
そして初当選後は、陣営の運動員の女性3人に対し、足立への投票を呼びかける電話作戦を行う見返りに時給約800円で換算した報酬を支払う約束をした運動員が、公職選挙法違反(買収約束)容疑で逮捕されていますが、辛くも連座制による責任は問われず、議員在職しています。


6. 日本語学校にでも通い直してはいかがかと進言してあげたい、議会発言の酷さ。


7. 秘書へのパワハラ&賃金不払い事件
残業未払い・パワハラ / 2015年5月22日
地元事務所の事務員に対し残業代未払い、「小選挙区で落ちたのはお前のせいだ」「殺すぞ」と暴言を吐きパワハラを行う。元事務員から約2300万円の支払いを求める訴訟を起こされる。


そして結局、謝罪して支払い。


8. 重複もありますが・・・
史上最低の暴言議員・足立康史の悪行 - NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2147964537237438101


この記事へのコメント