『週刊新潮』で報じられた、岸城神社の差別意識 その2

前回「清原和博氏は岸和田だんぢり祭りと関係ない」&「旧市だけが岸和田」差別広報を、6月末、マスコミ各社にばらまいて、新潮に書き立てられた阪井孝光・岸城神社禰宜について。

親父である阪井正明・宮司からも「謝罪と訂正」をされ、切られてしまったこのボンボン。

差別広報には「お問い合わせください」としながら、記者が取材に大阪に向かったと知るや、新潮社に「来ないでください。 取材は受けません」などと逃げ足速く、ここでもタケちゃんマンぶりを表しています。

タケちゃんマンの『FRIDAY』編集部襲撃事件の際、たけし軍団を引き連れて行った彼に、故横山やすし氏がどう言ったか?
「一人で行け! ドアホ!」

孝光・禰宜が、周囲に担がれて、今回の広報に差別的内容を織り込んだと、以下に周辺状況からの私の推察根拠を示します。
一人で考えて、一人の責任で差別広報をしたのであれば、自分で説明責任を果たせるでしょうが、取材に対してトンズラしている姿勢から、合作との私の見立ては間違っていないと考えます。

そんな孝光・禰宜には私からも言葉をかけておきたい。
「岸城神社の看板使った上で、自分の名を記して行動起こすなら、一人で責任取れ!」


では、チームによる差別広報ではないかと推測する理由の根拠として、状況証拠を示します。

彼は、大阪府神道青年会役員(会計)の役職にも就いているのですが、この組織は日本会議ともつながっているようです。

ニコニコ動画がありますね。

これで明らかに日本会議とのつながりが示せますね。


また近年、岸城神社がバリ舞踏を境内でやったり、だんぢりに関する催事に積極的に取り組みだしたのは、プレスリリースを行っているように、孝光氏の主導だと思われます。

さて、こんな取り組みを独力で孝光氏はやり遂げられますかねぇ?
打ち合わせや独力ないし机上でできる段取りだけでなく、当日の準備など、汗をかく仲間も必要でしょ。
そんなのが大好きな人たちがいますよね。

昨年、岸和田市議会では、日本会議の手下の意向で、ヒノマルを議場に掲げるようになっており、その時に議員に働き掛けたのが岸和田青年会議所です。
日本会議系に浸食される岸和田市議会
http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/449168665.html

孝光氏は岸和田JCメンバーではありませんが、年齢は30代半ばと思われますので、40歳までのJCメンバーとも同年代となります。
メンバー紹介
http://www.kishiwada-jc.or.jp/member/


今メンバー内での議員が、また香ばしい!!
永野 耕平 維新府議 2世議員
社会福祉法人阪南福祉事業会 岸和田学園副園長

金子 拓矢 岸和田市議 無所属で、維新ではありませんが、主張は維新と親和性が高いです。

(株)カネコ取締役 不動産業

反輔 旭 自民、岸和田市議  元竹本直一(大阪15区)・自民衆議員秘書
株式会社 ウイン取締役

金子氏は、2015年の初当選時前にも日本会議所属と自身のチラシに書いて、市民周知を図っていました。
反甫氏も2015年 初当選後、日本会議系の催事に参加している様子をFBにアップしています。



ちなみに私は、このように住ノ江護国神社の清掃活動にも参加していますので、エアコンの効いた部屋で「うみゆかば」の1番の歌詞ですらもろくに暗唱すらできない、イベントだけ来る議員らよりは、貢献してまっせ。


これら日本会議つながりなネトウヨ勢力によって孝光氏が担ぎ上げられた挙句、調子に乗って差別コメントをプレスリリースしたというのが、背景じゃないんですか?

創価学会もそうだけど、神社は免税されてるんだから、その分、社会奉仕しなさいよ。
なんぼボンボンで暇か知らんが、ネトウヨ交友を広げるのなら、城を挟んだ向かいのコールタール役場の浄化でも手伝いなさい。

岸城神社として、私が指摘している数々のネコババを「まぁええやないか」とするのか?
「ネコババはアカンやろ!」とするのなら、今後、私が発見したネコババや不正は、岸城神社の社会貢献として発信したらどうですか?

で、議員もおやりなさい。

「岸城神社のボンボンとして生まれたが、郷土のあまりの荒廃ぶりに、神の怒りをも恐れぬかと堪忍袋が切れたので出馬を決意した! 今後、役場内外の不正には天誅をくらわしてくれるわ!!」
なんて言って、出馬するなら、全面的に協力するわ。

私も殺されずに済むしね。

それぐらいせんと、世俗の垢にまみれ過ぎて、神職どころか、境内にすら居づらいんじゃないの?

いつでも協力するので、言うて来てね。

でも、あなた方のお仲間である議員らこそが、違法上等!!な議員なんだから、先ずは真っ先に自分の周囲の違法議員に天誅でも賽銭でも浴びせてあげたらどうかしら?


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック