地域猫 餌やりの人と自治会との話し合い

私は、地域猫施策を法定して、動物愛護センターのない中核市未満で普通市な自治体でも、自治振興課などが担当課として取り組むべきだと考えております。
ですが、条例レベルで止まっていますので、「餌をやるから猫が集まるんだ!」と誤解して、猫や餌槍の人に対して攻撃的な住民が自治会を動かして、問題が大きくなっている例もあります。

餌をやらないとか、そこにいる猫を一気に捕まえてどこか別の場所に保護するなどしても、必ずそこには別の猫が集まってきます。

ナワバリを主張していた、元々そこにいた猫が、いなくなるのですから、新たにそこをナワバリにする猫が寄って来るんです。

餌がなければ、家に入り込んだり、外で飼っている金魚を食べたりするかもしれません。
そうなれば、新たな被害が生まれ、きまった餌をあげている方が、被害が少なくなる可能性が高い。

環境問題としての地域猫問題を解決するのは、広範なTNR(不妊手術をしてその場に戻す)しかありません。

町会長のための野良猫講座を参考にしてください。



餌やりの人は女性が多いものですから、近所の人や自治会から苦情を言われたりしやすいようです。
お互いがお互いの主張を声高にぶつけ合っても、解決する問題ではないので、仲裁を頼まれたりすることもあります。

先日伺った場所では、餌やりの人は来ず、私や保護団体のメンバーが自治会や近隣住民と話しあう状況でした。
餌やりの人は、TNRも自分のお金を使ってやっていたほどの人でしたので、代理的な立場として出席したものです。

私たちは二人。
自治会側は10名ほど。
当初、自治会側から発言し始めたのですが、かなりな苦情を言われ、仲介役として来ていた市議が慌てて止める場面が何度もありました。

そんな場面を想定済みだったので、市議は餌やりの人を呼ばなかったと後から聞かされました。

自治会側がほぼ全員発言し終えてから、私は法的な措置であったり、他地域での成功事例を、保護団体の人は更に成功事例での細かいフォローを発言すると、自治会側はかなりのトーンダウン。
後で役員の人は「法律のことなどわからんので、罰則なども含めた厳しいことを言われて、怖くなった」と教えてくれましたが、私は動物愛護管理法などの罰則や、事例などを説明しただけで、「刑務所に入ってもらいますよ」なんて脅しは一切してませんし、餌やりの人の非についても「事実であれば問題だ」として、なるべく中立な立場を保とうとしていますよ。

ですから、後に現場も確認して、餌やりの人に改善してもらいたい点を自治会側から聞き取り、餌やりの人が実効可能な落としどころまで抑えてもらって、話し合いが終了する時には「全面的に信用して任せるので、頼みますよ」との言葉をもらっています。

その後、餌やりの人へも自治会側との約束を確認して、約束を交わし、それを自治会側に再度伝えています。

それから両者の苦情が私に連絡のないまま日にちは過ぎ・・・・
しばらくして自治会側に対して、アフターフォロー的に「約束は守られていますか? 問題はないですか?」とお尋ねしたところ、病気の猫の吐いた残渣があったりするとの細かな不満はあったものの、以前のような大きな不満はないようでしたので、「事実確認ができないので、写メって日にちと場所を記録しておいてください。 できれば私にそのデータをオンタイムで送っていただければ、餌やりの人にも伝えます」とお願いし、餌やりの人にも同様に「記録しておいてください」とお願いしておきました。

こうして事実の確認をお互いがしておけば、思い違いやイメージで「あんなことがあった。 こんなこともあった。 あの時は対処してくれなかった」などといった行き違いを減らせますから。

このように自治会と餌やりの人の不満を擦り合わせて、互いに話ができるように近づけば、地域として地域猫を見守るようになっていきます。

私が常に意識している、対話と熟議でなければ、どんな問題も互いが折れ合って解決することがないのは、地域猫に限らず、どんな問題でも言えることでしょう。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451791448

この記事へのトラックバック