思考停止と反知性主義で長谷川幸洋デマ宣伝を主催&後援する京都財界にあきれる。

事実でなくデマを元の主張し、そのデマを検証されてもデマの上塗りで開き直る長谷川幸洋氏を、全く具体的説明できず講演依頼し、それを京都市を含む著名各社がこれまた具体的説明できずに後援する「凡庸なる悪」。


冒頭に述べておくが、私は(ヘイトなど一定制限はかかろうが)誰の主張でも阻害すべきではないと考える。

今回、問題視しているのは、その主張が事実に基づかないものであり、そこに自説を都合よくちりばめてデマを、さも真実のように公言するような講演に、社会の公器たる責任ある行政や企業が乗っても良いのか?との指摘である。


東京MX表紙.jpg


ニュース女子 デマ説明.jpg





【 講演会 概要 】
「 みやこめっせ経済産業講演会 『激動する世界情勢と日本の針路』 」

170630みやこめっせ経済産業講演会「激動する世界情勢と日本の針路」ヨコ-thumb-500x356.jpg


講師 : 長谷川 幸洋 氏(ジャーナリスト・作家)
開催日 : 2017年6月30日(金)
時間 : 13:30~15:00(13:00受付開始)
場所 : みやこめっせ地下1階 特別展示場
お問合せ : 075-762-2928(受付 平日9~17時)




キャパは300人。






まず驚いたのは、以下の誰も「凡庸なる悪」どころかハンナ=アーレントの名前すら知らなかったこと。


2013年に彼女の人生のターニングポイントであるアイヒマン裁判の騒動映画化された事で、1960年代の彼女の著作をオンタイムで読んだ層だけでなく、若い人たちの間でも知られるようになっていると想像していた私にとっては、驚愕以外の何物でもなかった。




各社には、ドイツの哲学者、ハンナ=アーレントが雑誌『ザ・ニューヨーカー』に連載したアドルフ・アイヒマンの裁判記録『イエルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告』から「凡庸なる悪」を引き、講師選任の無責任さを問うたが、それらキーワードのどれも知らず、会話はカラ回った。




回答をした皆さんの電話の対応が丁寧だっただけに、その空疎さを逆に恐ろしく感じた。




長谷川デマ”とは、沖縄の反基地行動に対する、東京MXTV「ニュース女子」での放送と、抗議を受けて更に検証という名の抗弁をした放送をさす。


それら番組内容の個々の事実とされるものが、いかに事実とはほど遠いものであるかは、既に沖縄タイムス、琉球新報、MBS毎日放送でなされており、現在BPOでも審議中である(リンクを最後に貼る)。




彼自身が“ジャーナリスト”と冠をつけたいのであれば(日本人の書き手でこんな冠をつけてくれと自ら望む書き手を私は知らないし、むしろ取材を重ねる報道者はその冠を大それたものとしてつけてくれるなと言うのだが)、自らが調査をすべきだろう。


講演で食うようになるのは、壊れたカセットテープのように繰り返すだけの楽な仕事で、そうなれば現場の調査等を本人がしなくなるものだが。




そしてスタッフに取材を依頼して、その情報を机上で組み立てるようになったとしても、どの情報や事実を拾うのかの責任は表現者自身にあるのは言うまでもなく、個々の事実から導き出される全体の真実を掴めないなら、報道の仕事に携わるべきではなかろう。
フィクションを題材に表現を行いたいのであれば、ドキュメントと言いながらも死ぬ間際の妻の話だけで構成され、遺族である娘に提訴されて敗訴している、やしきたかじんの美しい部分だけの物語『殉愛』を書いた百田某のように“作家”を名乗ればよい。




本公演は経済の話で、沖縄は関係ないだって?


再度題名を見よう。


『激動する世界情勢と日本の針路』


この題名では、主が経済の話であっても、テロにかかる共謀罪、共和国の飛行物発射、防衛については語られるはずで、そこに沖縄は関連する。




しかも経済分野でも彼は新自由主義経済論者であり、


そのようなミルトン=フリードマンらシカゴボーイズのたわごとは、


アジェンデ政権を米の後押しにより軍事クーデターにより、ビクトル=ハラをはじめとする市民3千人をサンティアゴ=スタジアムに集め、大量虐殺したピノチェト政権でも、


米での元大根役者のレーガン政権でも、


英サッチャー政権でも失敗し、


日本でも小泉ポチ政権以来、非正規雇用や法人税減税とバブルを超える内部留保と裏腹に市民生活は格差や貯蓄ゼロ人数拡大で、安倍首相ですら消費税を上げられない失敗が証明されている。


成功例は歴史上ないような経済政策を、何の根拠もなく話させるのか?






こういった疑問を主催や後援に問うてみたものである。


続く






検証:


ニュース女子「検証」番組を検証する 沖縄報道 6つの論点 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス


2017年3月15日 17:07


http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/88556




ニュース女子検証番組 すり替え、メディア批判… 「巧妙に主張正当化」 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース 


2017年3月15日 10:00


http://ryukyushimpo.jp/news/entry-461173.html




映像'17 「沖縄さまよう木霊~基地反対運動の素顔~」MBSテレビドキュメンタリー動画文字起こし - Togetterまとめ 


2017年1月31日


https://togetter.com/li/1076325






長谷川主張:


<ニュース女子 沖縄問題>長谷川幸洋氏「日当支払われてたなんて確実です!500%確実です!」「山口二郎さんとか香山リカさんとか、私に言わせれば、ああゆう人たちは周辺にいた人たちだよ」【動画あり】


2017/5/28


https://anonymous-post.news/archives/141




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450918528

この記事へのトラックバック