共謀罪でも安倍奴隷ぶりを発揮する維新 丸山穂高・衆議員

5月19日の共謀罪法案委員会での強行採決のきっかけという大役をゆだねられた、丸山穂高(維新)衆議員の晴れ姿!

貝塚市以南の有権者は、次に必ず落選させるようにお願いしたい!!

維新の丸山議員の質問後の様子.jpg

写真は上西小百合・衆議員TWより

うえにし小百合(上西小百合)?認証済みアカウント @uenishi_sayuri 2017.5.19 18:22

『共謀罪』を強行採決させる為だけに出てきた維新の丸山議員の質問後の様子を私の秘書が(維新党本部職員に邪魔されながらも)写真を撮ってきました。
見せ場をもらって、余程嬉しかったんですね。
松浪議員と遠藤議員とハシャいじゃって、この法案の重みを全くわかっていない。
情けない。


本日の法務委員会で、私は金田法務大臣に対し〝歴史に名を残す悪大臣〟と発言致しました。今もその気持ちは変わりません。
但し、私自身も共謀罪成立を阻止できなかった〝悪議員〟として名を残す事になりました。
それを背負って残りの今国会に挑みます。

質問の最後が法務委員ではない丸山議員。
強行採決をする為だけに呼ばれた維新の議員。
維新がこの国にとって本当に害でしかない 事の象徴。


上西「きょう、自民党にぶら下がっている日本維新の会の丸山議員がわざわざ法務委員会におみえになって質問されます。最後に強行採決を促されると思いますけど、これははっきり言って屈辱的です。今回強行採決されることはこれが国民の意志になってしまうこと。国民の皆さんには考えていただきたい」

「審議時間はもう十分。私の質疑のあと、ただちに採決してほ しい」などと与党に求める維新の丸山議員)。
映像
「審議時間はもう十分。私の質疑のあと、ただちに採決してほしい」などと与党に求める維新の丸山議員)。
【衆院法務委】自公維3党が「審議は十分」と共謀罪法案を強行採決 - 民進党


411丸山 穂高.jpg

昭和五十九年一月大阪府に生る、東京大学経済学部卒業、経済産業省、松下政経塾
○維新の党衆議院大阪府第十九選挙区支部長
○当選二回(46 47)

地元事務所 (大阪府第19選挙区支部)    
大阪府泉佐野市上町3-10-15-3F
TEL:072-486-0300
FAX:072-486-0301

維新委はこのように問うておく。
維新は修正案の取り調べの可視化で、どうやって調べに呼ぶ市民への監視を防止するのか?
また、任意同行や参考人も含め、可視化されない漏れをどのようにカバーし、冤罪を防止するのか?
逮捕されただけで推定無罪が働かず、報道被害にあう問題をどのように防ぐのか?


委員でもないクセにしゃしゃり出て、法案説明もできずに強行採決号令をかけた丸山氏の登場場面全文。
より
5月19日、衆議院の法務委員会でテロ等準備罪法案が強行採決され可決しましたが、審議を締めくくったのは日本維新の会・丸山穂高議員による質疑でした。

丸山議員は法務委員会の委員ではありませんでしたが、日本維新の会が同委員会に1人しか出せない状況において、委員が修正案に係る答弁に回るという事情によって今回出席に至った、と冒頭説明すると修正案等についての質疑を淡々と進めて行きました。
そして質疑の終盤、金田法相に対し施行に当たって国民の不安にどう答えていくか尋ね答弁を得ると「しっかりと宜しくお願い申し上げたいと思います」として話に区切りをつけ、委員長や自民党の理事に毅然としてこう語りかけます。
「委員長!土屋理事、もういいでしょう!これまでもう30時間以上、質疑してきました。」

丸山議員の言葉から採決を促す場面だと理解した民進党など野党からはすぐに多数のヤジが飛び始め、これに合わせるかのように丸山議員の声も大きくなっていきますが、述べられていたのは民進党の質疑姿勢への批判でした。
「カレーだとか、キノコだとか、『そもそも』の言葉の意味だとか(中略)これ以上ピント外れのねぇ、質疑ばっかり繰り返し、足を引っ張ることが目的の質疑は、これ以上は必要ない!!」

そして「論点も整理されて時は来ました!」と宣言した丸山議員が自身の質疑後に採決に入るよう求め発言を終えると、民進党議員らはすぐに立ち上がり動議を出す自民党議員席へ、動議が出されると今度は委員長席へと駆け回り最後まで諦めようとはしていませんでした。
政府案に一貫して反対の姿勢を取りながら自分達の対案について殆ど知られることもないまま法務委員会で可決されてしまった民進党にとっては、金田法相への執拗な攻撃や不信任案提出も功を奏さなかった上に最後には委員会に属していない野党議員から民進党の質疑姿勢ではこれ以上の審議は必要ないと断じられ質疑を締めくくられてしまうという有様で、果たして今後どのように巻き返しを図ろうとするのか注目されます。

丸山穂高議員の発言

丸山「まぁそういった意味でこの法案、これまで30時間以上、議論してきていると思います。これまでの質疑、いろんなことがございましたが、えー大臣。いろいろなことお聞きになって、この法が施行された場合、この執行のあり方に凄く国民の皆さんが、見てらっしゃるんです。だいぶ反対派の方が、不安を煽るようなこと、やられてます。そういった中で『本当に大丈夫か』という声にどう答えていくのか。これは確かに重要な観点だと思いますんで、そうした観点も含めまして、大臣、改めてお伺い出来ますでしょうか」

金田「丸山議員のご質問に、お答えを致します。テロ等準備罪処罰法案を成立させて、国際組織犯罪防止条約、TOC条約を早期に締結することは、テロを始めとする国内外の組織犯罪への対策として高い効果を期待できるものと考えており、極めて重要だと考えております。その上で、修正案を含む本法案が成立した場合のことを、ご質問でございます。改正法が適正に施行される為に、法の趣旨、或いは内容の周知といったものに努めていく、そういう所存であります」

丸山「有難うございます。しっかりと、宜しくお願い申し上げたいと思います。
(委員長の方を向いて)委員長!(横を向いて)土屋理事、(前を向いて)もういいでしょう!これまでもう30時間以上、質疑してきました(ヤジ増加)。(ヤジで騒然のため非常に大きな声で)また修正案という形で、建設的な議論が生まれた、法案が修正されました。
これまでの、議事録も(ヤジ更に大きくなり合わせて更に大きな声で)しっかりと読ませて頂きましたが、カレーだとか、キノコだとか、『そもそも』の言葉の意味だとか、一般人が犯罪者などと、本当にねぇ、犯罪の構成要件すら、わかってない!TOC条約の、条文すら理解してないんです!これ以上ピント外れののねぇ、質疑ばっかり繰り返し、足を引っ張ることが目的の質疑は(絶叫に近い声で)これ以上は、必要ない!!論点も整理されて時は来ました!この、私の、質疑の後、終了後、直ちに!!採決に入って頂ますようお願い申し上げまして、私、丸山穂高の質疑を終わります!有り難うございました!!(拍手とヤジ)
(議場紛糾し民進党議員らが一斉に席を立つ。自民党からの動議で採決へ)



質問の最後が法務委員ではない丸山議員.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック