上手くスキャンできたので…・ 今日はフライヤー10号記念日。

巷では、「岸和田財政破綻」を知らせる新生・改革クラブの会派報告が新聞折り込みされる中、
「見つめる岸和田 第10号」、現在絶賛配布中です。

ポスティング中心ですので、ご近所で数十枚お手伝いいただける方や、3~5人といったミニ集会にたかひらをお呼びいただける方も大募集中です。

エンディングノートの書き方とか、行政書士・防災士・柔道整復師としての相談としてお呼びいただいても、ご説明に伺います。

見つめる10号 (1).jpg


そして、6月25日(日)14~16時まで
ラパーク隣の春木市民センターで、南大阪では初の地域猫として野良猫を殺さず、地域で解決する方法の講演会を行います!!

講師は、大阪で最大の殺処分削減効果をあげている、大阪ねこの会の代表、荒井りかさんです。

猫に関するどんな問題でもお答えいただけると思いますので、公園などでの地域猫だけなく、外飼いされている方や、最近大問題となっている高齢者の多頭飼いによる飼育崩壊のような事が起きる前に、町会役員や市職員などは必聴の内容であることは間違いありません!!

ホンマは、動物愛護センターがあろうがなかろうが、議員こそ聞きに来るべきで、大阪市内の勉強会では熱心に参加する議員の顔も見えてます。
南大阪の議員は、無関心ですが、行政職員が知らないんですから、議員こそが先進例などを知っておかねば、誰が解決へと導くんですか?

たかひらの所に、議員が単独で、よぉ訊きに来ますか?
たかひらを通さずとも、直接、動物愛護グループに訊ねられるようなつながりも、今回出席してつくっておきなはれ!

見つめる10号 (2).jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック