共産党シンパは「岸和田市財政破綻」の誘蛾灯に集まらずに、自分で実務しなさい。 その1

岸和田市財政破綻記事は、万単位の読者を呼び寄せた。
したっけ、普段近寄ってこない共産シンパが誘蛾灯におびき寄せられるように集い、コメントしてきたので撃退した話。

大体、岸和田市議会の共産党は5人もいるが、未だかつて誰一人として私のブログに反論してきた人はいない(これは全ての政治家にいも言えるが)。
共産シンパがすべきは、私にアヤをつけることではなく、岸和田市の共産議員らに「役所から説明を受けている資料をについて、たかひら以上に市民に丁寧に説明せよ!」ではないのか?

1. 植松栄次氏 
この人だけは実名で書く。
なぜなら、松原市市長選挙候補予定者だと公表しているからだ。
労組活動を続け、3月末で退職し、5月28日投開票の松原市長選に挑むそうだ。

植松 栄次
ようわからん投稿やね?
「財政調整基金が枯渇」⇒「財政破綻」には、いきなりならんと思うが?

「公表」しているのかと観て見ても、実際の歳入・歳出の収支とその内容、基準財政需要額すら出てこないから、ちょっとわかりにくいね。
泉佐野市は橋代がどうのこうのと言うが、地方行財政の場合、税収など市単独費が増え自主財源の比率が上がることで、機動的な運営は可能になりますよね。
しかし基本的に水平化資金である「地方交付税」で調整されますので、何か特別な損失、例えば、15年の国勢調査で2万人位人口が減った(1万人減ったら9億円超減りますからね)とか、なにか粉飾があったんですかね?  

あと行政が住民サービスを後退させようとする時に、「財調枯渇」このままでは危険という ようなことも言いよりますけどね。
「財調」なんて、30年ほど前、そんなに持ってるという自治体はあまりなかったと記憶してますが。


たかひら注:
書き言葉と話し言葉の区別が、市長選に出ようかと言う人なのに、つかんのかと恥ずかしくなるわ。
オジサン、日本語を大切にしようや。

議論の時は言葉を選びんさいよ。
そもそも空疎な論で、挑んでくるから、一切の反論すらできずに退散することになるのよ。

市長って、議会と真っ向勝負せんといかんのだけど、役人が答弁書つくるから、セレモニーの銅像でいいだろなんて軽く思ってんじゃないの?
と問いたくなるわ。


たかひら 正明
 同じブログ記事への投稿で、同じような意見がありました。

基本的な記事の狙いは、行政と議会への市民への説明責任の突きつけであり、基本的には財政課か14年に私に出してきた19年お手上げよりも状況悪化にもかかわらず、他人事と考えている節への問題提起です。

泉佐野と比較しているのは、岸和田にはまだまだ支出が伸びる原因はあるが、独自財源のあてはないとの提示です。
つまり、将来にわたって上向く予想ができんということです。

特別な損失については、前のブログを読んでもらえれば、生活保護費の計算ミスについて書いてます。

ところで松原市は、消防団水増しを映像付きで突きつけられても、団を庇って問題ないとした市政ですが、あれはまだ続いてるのではないで すか?
他にもオンブズが見れば、指摘の山が出ると見込んでいます。

消防団の件では、団の責任を問えば、団組織自体が瓦解すると踏んで、庇護したように見受けられますが、次期市長に、組織が回させずに腐敗是正させる策はありますか?

仮に当選しても1期しか持たないと職員らに見透かされれば、徹底的に抵抗されて、なにもできないとの姿をさらすことになりますよ。
しかも、何の調査能力もない共産市議団と民主系市議は、維新のように多数ではないので、公明もなびかず、市長与党としても役立ちません。

その状態でも強権を振るうには、卓越した調査能力が必要だと考えますが、辰巳さんや宮本さんでも連れてこなければ、発揮する機会を喪失するんじゃないですか?



たかひら注:
松原市は、議席数18
自民4、まつばら未来(民主党系か?)5、公明3
共産3(野口真知子、福嶋光広、 森田夏江).

本文で、私が想定している民主系市議とは、河本晋一氏のこと。

1期しか持たないとされ、職員に徹底抗戦された首長とは、箕面市の藤沢純一市長とか、田中康夫・長野県知事を想定している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449032028

この記事へのトラックバック