岸和田市、財政破綻を公表!! 既に2018年=来年度の予算が組めません!

議会に役所は説明しているので、あえて「公表」とします。

役所が議会に提供した資料を見て驚きました!!
昨年度から予算と決算の表が書かれているのですが、2018年度から表の最下部にある差引額のところに数字でなく文字が!
そこに書かれていたのは、
「財政調整基金が枯渇するため、平成30年度以降の予算編成が困難」!!

こんな表、見たことありませんわ。
しかも行政が作るなら、どうにかして帳尻を合わせるものですが、バンザイしてます。

いずれこうなることは、既に2014年に示していました↓
では
2019年度 財政破綻!! 財政再建団体へ!!
と書いてます。

市長も議会も野放図に予算をダダ流しし続けたので、1年早まったもののその通りになっただけ(そりゃそうです、だって財政課資料だもの)なので、驚くものではないのですが、ついに来るべき時が来てしまったかといった感じです。

リンク先では夕張でどのように公共料金が値上げされまくったや、
既に介護保険などでは岸和田は府下トップクラスの高額負担を市民に強いているかを示していますが、このように市民生活に大きな影響がある情報を、なぜどの議員も市民に黙っているのでしょうか?

最近新聞折り込みした刷新クラブ会派チラシでも、私が見たものと同じ表が掲載されています。
しかし、「財政潮汐金が枯渇するため、平成30年度以降の予算編成が困難」と書かれていた場所には、
「基金が枯渇する。 特に予算編成が困難になる」などと、市民が見て理解できんように書かれています。

その見出しには「財政破綻まで示唆された岸和田市の現状とは?」ですって?
記事をよく読めば、「歳出削減に重きを置いた新たな財政健全化策を早急に打つ出さないと財政破綻してしまうことが明らかです。」(ママ)とは確かに書かれていますが、誰がこんな一桁の極小フォントの文字読むねん!!
裁判官と弁護士や検察官という字を読むプロが主に読む裁判書面でも、基本フォントは12やろがい!!
しかも読点すらないのに、読みにくうてしゃあないわ!!

しかも、そこで唯一ブログで情報発信している京西且哲氏もこの財政破綻については発表していません(チラシは掲載している)。
私の批判を恐れて、今年は元旦以後、3月25日、4月2日と経った3回しか更新していないブログですが、こんな大事なことを発信しないんなら、何のためにブログをやっているのかね?
しかもトンズラするしか能のない、説明責任すら果たせない、こんな京西氏が議会では発言する方であるとの低レベル議会!!


そら、おたくら、こんな状態の“居眠り議会”で、しかも地元ボスとして、自分の地域や支持者だけの意見を行政に口利きするだけの仕事しかしてへんのやから、議会の仕事であるチェック機能など働くはずがないわな!!

2015.03.05 議会居眠り 9_R.JPG


ホンマ、この表を見て、ガクッと来ました。

2015当選組も、その殆どがこれら“居眠り”ボス議員の手下となるだけで、監視の目を議会に向け切らずに約2年を過ごしてしまったのですから。

確かに議会改革は、遅まきながら提案がなされ、変わりつつあります。
ですが、役所本体が足元から崩れ去っているのに、そこを補強も市民周知もできなかった罪は、“居眠り”ボス議員と同罪ですよ!

今になっても泉北高速鉄道の延伸だとか、、役場の新建設だとか、寝とぼけている市長や議会に直接テコ入れをさせられない立場でいることが歯がゆくてたまりません。

しかも市長や職員賃金を12月議会で上げてもええやないかと、自民・公明・共産は賛成しています。
破綻が目前だとわかっていた、数か月前にですよ!!

今すぐに人件費は3割カット、不要不急な支出は取りやめ、事業仕分けを徹底的にやり、議員らができないのであれば、外部の監査法人に外注してでも無駄遣いを止めねばなりません!!

しかし、そんな提案、3月議会でもなかったし、生活保護費の計算間違えで、国から「返せ」と言われている10億7千万円+αについても、「検証しんかいな」のかと質問したのは、井上博(改革)ただ一人との体たらくでは、11月ごろの市長選挙も相まって、
議員らは「選挙で忙しいなぁ。  あ、気ぃついたらもう年末やん。  赤字ってどうなったんやろか?  役人もうるそう言うて来んかったし、何とかしよったんやろなぁ」などと高をくくり続け、気付けば財政再建団体に転落し、公共料金値上げなど、市民生活に大きな影響を及ぼす事態になると予想します。

しかも議員らは、全員裕福な生活をしていますので、「少々値上げしても、どうってことないやろ? どうせ国が助けてくれるやんかいさ」とばかりに、高枕を決め込んで、悠々と引退をもくろむでしょう。


岸和田市民に問います。
こんな議会にまだお任せし続けるんですか?
そのツケをせんど今まで払わされ続けてきて、まだ子の世代にツケ払いさせるんですか?

私のようなよそ者が騒ぐだけで、地元の人が何でこの期に及んでも立ち上がらないのか?
不思議でなりません。

一旦、財政再建団体に転落して、えらいこっちゃ~!!と騒いでも遅いですよ。
何年かは辛抱の時代が続きます。
そのうちに賃貸住宅の人は市外へ逃げ出すでしょうから、余計に税収は減って、立て直しは遠のきます。

今、直ちに無駄遣いの見直しをしなければ、泉佐野のように関空橋のような別の収益が見込めるものがない岸和田市は蟻地獄から抜け出せなくなりますよ!!


追記
岡口基一 判事シェア 財政破綻.jpg

4月12日23:52
岡口判事が、FBとツイッターで紹介してくれました。
なんたる光栄!

ありがとうございます。


初めて万単位の閲覧者数となったので、記念に残しておきたい。
7位になりました。

ブログ7位.png



閲覧&アクセス数 2万3815人、4万9885アクセス
ブログアクセス 49885.png


一番見られてるのは、やはりこのページ。

ブログページ 別閲覧数.png



追記2:
エコノミックガーデニング
http://www.economic-gardeners.jp/page:9/
にて、
木下斉・エリア・イノベーション・アライアンス代表理事もTWしてくれているので、以下に転載。


木下斉氏
え、まじ?!/岸和田市、財政破綻を公表!! 既に2018年=来年度の予算が組めません! http://mitumerukisiwada.seesaa.net/article/448813772.html
2017年4月13日 7:09


木下斉氏
ちなみに夕張市は財政再建団体ではなく、その上の財政再生団体ですね。
粉飾決算(といっても同じような飛ばしとかは皆やってるが、夕張市はひどすぎて金融機関がこれ以上貸せないといって予算立たず)。
総務省も財政再建懸念自治体は夕張後に財政健全化計画をたてさせ健全化指導を強化してましたね。
2017年4月13日 7:16


木下斉氏
まぁ公会計自体がお金の管理がずさんにしやすいモデルになってるので困るのですが。
ちゃんと上場企業並みの会計にはしてもらわないと公器としての問題が多すぎるんすよね。
(ま、大企業さえも粉飾決算でもめてる昨今ですが、自治体の場合は粉飾しても捕まりもしないですが。。。
2017年4月13日 7:26


木下斉氏
岸和田市の財政資料を見る限りは他と比較して際立ってまずいわけでもなさそうですね。(ま、全国やばいのですが。。。)
知人からは財政畑の方々の議会への予算圧縮に向けたプレッシャー資料なんじゃないですかね、というご意見も。
岸和田市がヤバイ!というブログの根拠資料はこれみたいですね。
ま、確かに健全化計画の資料だから最初に「このままだと予算編成もやばい」といって、その上で処方箋を飲んでもらうって流れにはなりますわね。

この記事へのコメント

  • ななし

    財政潮汐金→財政調整基金ではないかと。
    2017年04月13日 07:27
  • たかひら正明

    >ななしさん、コメントありがとうございます。

    ご指摘の通りです。

    訂正させていただきます。

    誤字等あれば、今後もご指摘の程、宜しくお願い致します。
    2017年04月13日 07:57