希望のひとづくり、まちづくり. 担い手づくり待ったなし、寄って話してつながろう!

展示だと勘違いして、遅刻してしまいましたが、市民活動やボランティア組織にかかわっている人たちが参加主体となった学習会。
テーブル指定で、市(生涯学習推進本部)に割り振られたのは、市議や社協職員と同じテーブルでした。

「自分たちの組織にリクルート力はあるか?」
ってとこから参加。

任せる・離れる、知らせる・関心を引く、さそう、おもてなしをする、手伝ってもらう、付き合う・付きそう、支える、対話するの8項目を線でつなぎ、うまく円状になればOkなんですが、どの組織もコアメンバー以外の参加者が増えていない現状を示す結果に。


そのあとは、ワールドカフェと称して、管理人の一人を残して他のテーブルに三々五々ばらけて、他のテーブルの参加者と対話。
これは面白い形式でしたね。
話題は「市全体での担い手づくり、岸和田人をどう育てるか?」

私が拾ってきた意見は、
・地域を守れるのか?
伝統の継承
(たかひら:
団体存続できないのは、地域の人々の責任とビラで周知してはどうか?)

・広く募る手法
催事・・・・ハイキング、BBQ、食事会や飲み会、大学や高校と連携、体験参加
農研クラブでは農業祭を活用している

・場の雰囲気
批判しやすい、風通しの良い雰囲気づくり

・ネットワーク
協力団体のネットワークで、拠点づくり
(子育てサロンで知り合った保護者を誘うなど)

・公民館の集会室などの活動場所には、必ず人がいて、サロンやリビング化させる

・誘い方
町内放送
やる気ある人を誘えていなかったので、もっと発掘せねば


・意見の場が少ない
(たかひら:
ネットで顔出しして発表する覚悟と責任を、各市民が持つ)

文化協会や体育協会など、市が関与すれば、組織も継続しやすい(これに頼っていては、いつまでも自立できないとの問題もあるが)
食生活改善委員会に栄養士が自動的に入るような仕組みもある

民生委員も人手が足りず苦労していて、近隣市では欠員が多い()岸和田は欠員1名で少ない方)

特に私は、府下最古の地域協議会があるのだから、それを活かして、池田市の地域コミュニティ推進協議会のように、予算と責任を持たせ、地域のことは地域でやるようにすれば、市民意識が高まると話し、最後の意見発表でもそれを伝えてくれた方がいました。


こんな研修こそ、各地域で町会役員でない人を主体に行われれば、地域活性化に良い取り組みとなりますね。


CIMG1973_R.JPG


この記事へのコメント