やったぜMBS!! 梅園周・大阪市議(維新)の政務活動費理リースプリウスの私的利用を解明!

毎度毎度、維新の不祥事は花盛りですね。


現在2期目の梅園周・大阪市議(維新 37歳)は、議員が調査などのために使える政務活動費でトヨタのプリウスをリースしていました。

リース代は月々5万5千円で、2011年9月から2016年3月までで約300万円が支払われ、その半分が政務活動費で賄われています。


阿倍野区阿倍野筋5-3-18DHビル1F(事務所)
電話06-6625-0536(事務所)


ニュース23では取り上げられていませんでしたが、MBS「VOICE」ではネタ元の元事務員の女性に対するパワハラな音声も放送されていました。

2015年11月の大阪府知事・市長W選挙時のポスターの貼り方がまずいとかで、政務活動費で雇用している事務員を選挙運動に使っている実態も明らかになったと言えましょう(11月分だけは半額請求にしてるようですが)。


2015年6月4日発売の週刊新潮が、2013年にあったとされる維新市議の酒席で、井戸正利市議が本田リエ市議の胸を触る様子や、別の維新の男性市議が本田市議に抱き付く写真が掲載されていますが、これも内部からでしか出なかったものです。


医師でもある井戸正利・市議


都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル7F(事務所)
電話06-6922-2022(事務所)

こんなネタの宝庫な維新事務所に、私も是非バイトに行きたいですわ。


車ネタではこんなのもあります。

維新の大阪市議、高級車購入に政務費 80万円を返還 :日本経済新聞
2015/7/28付

大阪維新の会所属の伊藤良夏大阪市議(35)が、トヨタ自動車の高級車「レクサス」をローンで購入したのに、政務調査費や政務活動費から「自動車リース費用」名目で計80万円余りを支払いに充てていたことが、27日分かった。

政務費などの収支報告書によると、2012~13年度、「レクサスクレジット」で月7万300円を支出したとし、半額の3万5150円に政務費などを充てていた。

伊藤市議は27日「購入手続きを担当した母親がリース契約と誤って認識して報告したため、私自身も誤認していた」とのコメントを出した。今月24日に収支報告書を修正し、全額を市に返還したという。

市議会事務局によると、政務活動に使う自動車のリース代は政務費を充当できるが、個人の資産形成につながる支出は認められていない。

(引用ここまで)


朝日新聞7月27日付の記事画像はこちら


住吉区山之内元町5-5-102(事務所)
電話06-6696-0740(事務所)



他にもまとめはこちら

橋下維新 主な「不祥事」記録


再度本題に戻ります。

政務活動費でリースの車を妻が使用、維新の大阪市議 News i - TBSの動画ニュースサイト
(18日23:21)
より

梅園市議の事務所で働いていた女性は・・・


 「梅園議員が車を運転している場面を見たことがない」

Q.1回も?

 「はい、私はないです」

Q.事務所に止めているのを見たことも?

 「はい、ないです」(元事務員)


 梅園市議は、その車で政務活動を行っているのでしょうか。彼の自宅に向かいました。プリウスがありません。そして・・・


 「午前8時半すぎです。梅園議員が自転車に乗って出てきました」(記者)


 別の日には・・・


 「梅園議員が自宅から出てきました。車ではなく徒歩で移動するようです」(記者)


 梅園市議は、いつも徒歩か自転車。およそ1か月にわたり行動を確認しましたが、車に乗っている姿を見ることは一度もありませんでした。


 では、プリウスはどこに。

政務活動費から支払われているガソリン代の領収書。

よく見ると、不審な点が。

当初は梅園市議の自宅近くのガソリンスタンドを使っていましたが、昨年度から帝塚山に場所が変わっています。

そのガソリンスタンドに行ってみると、すぐ近くのマンションにシルバーのプリウスが。

一体、誰が使っているのでしょうか。


早朝から張り込みを開始。

すると、小走りでプリウスに近づく女性が。乗り慣れた様子でマンションから出て行きます。

女性は誰なのでしょうか、追跡を始めました。

よほど急いでいるのか、ウインカーも出さずに車線を変更。

そして着いたのは、大阪一の繁華街・心斎橋。


駐車場に車を止めて出てきたヒョウ柄な女性、別の女性と歩き出します。

入ったのは衣料品店。

10分ほどして出てくると、手には店の袋。買い物をしたようです。

その後も追跡を続けると、到着したのは梅園市議のマンション。

運転していた女性、実は梅園市議の妻でした。車は、別々に住んでいる妻のマンションに止めていたのです。


 妻が梅園市議の政務活動を手伝っているのでしょうか。

ところが、この日も妻は心斎橋の百貨店へ。

エステサロンが入るビルから出てくる姿も。一向に梅園市議が乗っている様子はありません。結局、張り込んだ全ての日、車が政務活動に使われることはありませんでした。


 梅園市議は疑惑にどう答えるのでしょうか。


Q.奥さんのマンションに車が置かれているのに、どうやって梅園市議が使うのか?

 「(妻に)迎えに来ていただいている。運転してもらいながら横で電話したりメールしたり」

Q.自分で運転するのはどういうとき?

 「いろいろな所に送ったり移動するときに『私、今日無理です』と言われたら自分で移動します」(梅園周大阪市議)


 この1か月間、梅園市議がプリウスに乗る姿は一度も確認できませんでした。それについては・・・


Q.梅園市議が乗っているところを見ていないが―

 「乗っているときもあれば乗っていないときもある」

Q.この1か月間は乗っていないのでは?

 「1か月間は・・・乗っているときもあれば乗っていないときもある」

Q.乗ったなら何月何日に?

 「合理的な区分が困難な場合とか、活動記録を取っていないので」(梅園周大阪市議)


 いつ乗ったかは具体的に示さず、「乗っているときもある」と繰り返す梅園市議。しかし、何度も確認すると・・・


Q.この1か月、乗っているときがあるということでいい?

 「乗っているときもあれば乗っていないときも。だから4年間の中で乗っているときもあれば乗っていないときもある」

Q.こちらは1か月しか確認していないが

 「この1か月はほとんど乗っていないと思います。乗っているときもあれば乗っていないときもということと一緒です。その答えが全てです」(梅園周大阪市議)


 ついに、この1か月間、プリウスに乗っていなかったことを認めました。

(引用ここまで)


これだけの時間をとお金をかけた取材は、メディアにしかできません。

関係者に「追跡報道の不足」について、苦言を呈すこともあるのですが、これは天晴です!!


さすがに関西ローカルだけで使うのはもったいないと思ったのか、全国放送でも使いましたね。

報道特集でもさらに掘り下げていただきたいです。


また岸和田市や和泉市のような政令市でない議会でも面白ネタがあるのですから、是非とも報道していただきたいですね。


この記事へのコメント