2014年度和泉市議政務活動費領収書 坂本健治・自民市議は税での慰安旅行二重取り その2

前回お知らせした南議連の2014年7月30日から1泊2日の慰安旅行について

これがなぜ表題の「二重取り」なのか説明します。
以下にこの慰安旅行を政務活動費支出していると判明した議員をあげますが、旅費補助として一人当たり2万円の補助金が出ています。
つまり、親睦会である南議連から2万円の小遣いをもらっているにもかかわらず、政務活動費絵領収書を切っているからこそ、「2重取り」なのです。

それでは、2重取りのネコババが判明した議員の皆さんをご紹介します。
政活費支出がない人は「なし」としています。
他にも領収書の公開請求をかけねばならないなどの手間がかかる議会の場合は、調べていませんので、“疑惑の”となることをご了承ください。
もし参加した議員で、「自腹で行った!」とい言う人がいれば、お知らせください。

和泉市
坂本健治 3万0380円
これはなぜか「支払い証明書」で支払われています。
和泉市議会のルールはザルなので、何でもかんでもOKなんでしょうけど、この金額は旅費規程で決められている新幹線指定席代金と同額です。
しかも手書き。
議会事務局は「領収書をなくすかもしれないので…」と坂本氏を庇っていましたが、そんなアホな!子どもかいな!

こんな本人が書き放題な偽造領収書を許すなら、野々村竜太郎・元兵庫県議も、もし彼が和泉市議会議員だったら許すのか?

なぜ飛行機で行ったことを隠したがるのか知りませんが、前述した2重取りネコババにプラスして、公文書偽造ですがな! 


岸和田市
稲田悦治(青和クラブ) 3万4140円
岸和田ー関空 610×2=1220円
関空ー羽田 2万8320円
羽田ー浜松町(東京モノレール) 490×2=980円
浜松町ー有楽町(JR) 140×2=280円
有楽町ー永田町(東京メトロ) 170×2=340円
日当 3千円

日帰りとなっていますが、日当はキチンといじましく取っていますし、飛行機は岸和田観光バスに手配させた領収書(飛行機を団体旅行でもないのになぜキシカンで取るんでしょうか? キシカンは格安航空券販売をしているわけでもないのにね)で、詳細は不明です。

代表に問い合わせの電話をすると、受付の女性は「うちは観光バス会社ですけど…」といかにも「何で航空券やねん?」と言いたげに不審な感じのまま担当に代わりました。
担当も「旅行として(つまり宿付き)なら受けるが、航空券だけは受け付けていません。」と言い出すので、「稲田悦治さんの領収書を見ながら話してるんですが…と打ち明け、稲田さんと御社の経営陣がどんなつながりがあるんかもしりたいわぁ~」などと訊いていると、調べ直してくれることになりました。


キシカン:
2年も前のことなので、15名の名簿までは保管していません。
特定の市議とネンゴロというわけではない。


調べてもらった結果、やっぱり稲田さんは泊まりでした(日帰りは谷さんだけと回答したため)。
なぜこんなことまでウソをつく必要があるんでしょうね?

便を記載しますが、シップと着時間は推定です。
全日空140便(ボーイング737-700?) 8:10-9:20
同じく3827便(スターフライヤーとの共同運航で、シップはエアバス320?) 17:25-18:45

キシカンが航空券を取ったのは、ホテル付で、15名。
そのうち泉南の谷市議だけは日帰り(21:40発の便)でした。

京西且哲 支出なし


堺市
山根 健
関空駐車場代 30日6:41~31日 4110円(50%按分で2055円)
31日
品川~羽田 京浜急行410円(50%按分で205円)
タクシー
日の丸交通 1090円
帝都自動車交通 大森営業所 2170円50%按分で2055円)


高石市
奥田 悦雄 市民クラブ
永山 誠  市民クラブ(2015年から高志会)
二人とも4万200円



泉大津市
堀口 陽一 立志会 4万9520円
池辺 貢三 壮士会 支出なし

泉佐野市
大和屋 貴彦 チーム泉佐野創生(維新政治塾1期生) 支出なし


泉南市
谷  展和 自民党 支出なし(キシカンへの支払いは航空券往復で2万9380円)


幾つかの議会事務局には、こう伝えています。
「南議連から2万円の補助金が出てるんだから、政務活動費領収書で提出して来たら2重取りですよ。 
今、教えたんだから、もし今年以降、同じような領収書が見つかれば、住民監査請求書を書く時点で、『議会事務局は知っていて、その2重取り支出を容認した。 組織ぐるみの犯罪である。』としますからね。」

いつもながら、よぉこんな狡猾な税金ネコババの手段を編み出しよりますな。

この記事へのコメント