やっぱり柳本顕氏は、地元の釜ヶ崎に無関心だったとの現地調査による検証

今回は、柳本“プリンス”顕氏の主張を検証する。
彼は西成区に住まい構える、世襲政治家である。
今後も選挙に出るだろうから、政治家としての発言を検証をしておく。

そんなことは本来自民党が自浄作用でやればよいが、“プリンス”を汚してはいかんらしく、柳本批判はタブーになっているようだ。
これについて田中学・自民・貝塚市議は、
特段、答えれない質問では無いと思うけどね!」と回答している。

いやいや、学さん、あなたも私との対話で、積み残しの質問が山積みのままなんですよ、と言いたいところではあるが、それは別項を設け、そこで書くことにする。

学さんは自民党内では風紀委員として、厳しく議員を叱責などしているが、柳本氏へのそれはないようだ。


柳本氏は西成区選出の議員として、最も釜ヶ崎に近い山王にいるが、釜には行かない。
むしろ、「『釜ヶ崎』と住民が呼ぶのは、自らを貶めることになる」論者であるようだ。

「行かない」というのは正確ではない。
意味合いは、政治家として「行かない」であって、散歩には行くのだ。

私へも自らが選挙目的か知らぬが、SHINGO☆西成氏には近づき、三角公園での夏祭りなどでの無料ライブには行っていると返答している。
しかし柳本氏を追い払わないSHINGO氏の「♪言うてることとやってることがちゃいますねん!♪」を彼自身にも返すしかないし、彼も批判を受けていることを承知し、批判者に言い訳がましく説明したりもしている。

表の声として釜施策で彼が行ったものは、西成区役所に訊いても見つからなかった。
ハシシタトップダウンでは、地域内の清掃業務などがある。

それではと釜での調査など、どれほど「行」っているかも訊き込んでみた。
(公民館である)市民館館長:
文化祭や歴史研究会の催事にはよく来る。
他の市議よりその頻度は多い。
(たかひら:
盆踊りに来るとか、そりゃ選挙運動だろ。 施策については何も回答なし)


いこいの家
炊き出しの会(稲垣氏は不在)
釜日労など:
来たことない。


花園公園の萩之茶屋小・今宮中まちづくり研究会:
まちづくり協議会には議員は入らん。
ややこしなるやろ。
野宿者と住民も行政などと一緒に議員抜きで話してる。
マスコミの取材は受けん。
切り取りでどこを使われるかわからんからな。
(たかひら:
行政代執行を映像で見せることで、野宿者の命を軽視するメッセージを若者に伝えている。
代執行を記者クラブに伝えねばならん制度はないし、報道するにしても動画でなく、もっと影響を抑える放送の仕方や、報道を放置しても教員などの大人が丁寧に説明すべき。)

そんな説明する余裕、教師にあるんかいな?
(たかひら:
府の職員である教員も市の職員も広義では公務員だし、同じ維新の首長で府市あわせが減ったのなら、そんな連携すべきでしょう。 天王寺でも襲撃さ
れて死んだ野宿者がいるし、3月に夜回りに行った時も以前はいたが襲撃されて居場所を変えた人が何人もいたんだから。)

シェルターで昼も居場所づくりをしてる?
朝から追い出せば、その辺の路上にへたるしかないんやから、住民が苦情を言うたからやで。


(野宿者などの短期保護施)設自彊館三徳寮:
大田房江・元知事は来たね。
一人だったけど、SPが来て、車の整理が大変やった。
何しに来たんやろか?
(たかひら:
ブログの写真でも撮りに来たんでしょ。 何か変わりましたか?)
何も。
(たかひら:
勉強するなら本人が来なくとも、公費で雇ってる秘書がいるんだから、秘書に1週間ほどボランティアさせて、その報告を受けて与党参議員として政策に反映させればよい。)
それもそうやな。
ここを知りたかったら、街角にでも立って、福祉の現状を見た方がマシやな。


シェルター:
柳本氏は来ないが、維新の岡田妥知・ 藤岡寛和両市議(西成区)は来たわ。
事業削減したいんか知らんけど、一応問題はないかとか訊いて、シェルターも見て回った。

建物は昨年暮れに完成して半年経つ。
柳本氏は地元の元政治家としても1憶5千万の予算使ってできた(毎冬南港に作っては壊しの銭浮かすためだったしても)ハコモンやから、見に来るべきやわな。

シェルターもプロポーザルやけど、中の仕様はアカンわ。
5月頭で37℃にもなる室内、
倉庫もなく、他の場所でも預かってもらってる毛布の山、
防煙か知らんけど、天井高低すぎて頭上注意な壁、
(以下取り換え・補修済み)
モップも洗えん洗面台、
虫に食われた体を見せたないから銭持ってても銭湯に行かん心境も無視するシャワーユニット(脱衣や貴重品も仕切りなしで、脱衣も荷物かごも丸見えで個室シャワーに入るようになっていたが、個別に仕切った)、
足の悪い人は逃げるのに手間取る非常口の段差、
逃げ出せない非常口の小さな扉、
中が丸見えで周囲から苦情がくる透明なガラス(カーテンやすりガラスに変更)、
屋根もないタバコ吸う場所、
ベッドに500人入るのに、150人分しかない休憩室、
物が置けない植栽などのデッドスペース、
窓を開けたら落ちそうなのに、壁が薄すぎて手すりや柵を付けられない2・3回のなどなど・・・。


街の声:
ハシシタ施策のゴミ掃除は、3人で一日歩いてるけど、仕事の尊厳あるのか?
雇用としてはええんか知らんが。
ゴミもドヤにゴミ捨て場を設置しろと行政指導したらええのにそれをしないから、自然と不法投棄になるしかない。
監視カメラを解析して普通のおばちゃんでも逮捕しているから、他の住民も怖がっている。
ゴミはカメラのない場所に捨てられ、元の木阿弥。

柳本氏は花園公園の行政代執行でも顔すら見せなかったし、選挙権もあるかないかわからん住民に興味すらないんちゃう?
夏祭りの労働者慰霊碑を拝んだ?
カンパ持って来い!と言うといて!
(俺:政治家の寄付は公選法違反ですわ。 柳本酒店でするならマネロンできますけど。)


柳本氏は関電出身だから当然、反原発・反安倍運動に関わる人とは話すことすらない。

こぎれいなKAMA PUBに時折行き、外国人を含む観光客などと話し、自らのスノッブ心を満たすようにセレブ気分を味わう程度だろう。

これが柳本顕の政治家としての姿勢だと胸を張れるなら、その資質はないと断罪しておく。

この記事へのコメント