子どもの読書促進に読書通帳の導入を! 各地で人気の読書通帳

今回は、どのような状況にあるのか、読書通帳導入事例をお知らせします。

先に釘を刺しておきますが、文教民生常任委員会の議員諸兄は、これを読んで、「しめしめ、良い視察という名の慰安旅行の行き先が見つかったわい。 次はこれをネタに北海道へ秋の味覚か、山口にフグでも食いに行くか。」と、行動に移さないように。

ネットと電話で、十分導入するかどうかを検討する資料は揃いますので、ワザワザ税金慰安旅行に行く必要はありません。
行くなら、自分の財布から出して行ってください。



「読書通帳」が便利で楽しい! 借りた本の総額が記録されるサービスも - ねとらぼ
2015年11月16日 08時30分 浅井由起子
より

 2010年3月、全国に先駆けて日本初の「読書通帳」をスタートさせたのは山口県下関市の「市立中央図書館」。「下関市細江町三丁目地区整備事 業」の一環として、以前からあった公共施設を含む周辺の再開発事業が行われた際、指定管理者制度により民間企業の運営がスタートした。
そこで内田洋行が提 案する読書通帳を採用したのがきっかけだという。
ちなみに「読書通帳」という名称は、その後、内田洋行が商標登録を取得。
この企業によるシステムにのみ使 用されている。
また、スポンサーには書店の紀伊國屋が入っている。


 実施からまもなく6年目を迎えようとしている市立中央図書館について、教育委員会 図書館管理課の課長・高原さんは導入に関しこう評価する。
「小学生をはじめ、今まであまり図書館を利用してこなかった方にも読書意欲を向上させていると、ある一定の手応えを感じています」

 しかしその一方で、「このサービスは行政区域が狭く人口密度が高いところで有効だと感じています。また運営コストなども検討の余地がありますね」と、先駆者としての課題点ものぞかせた。

 とはいえ、現在では全国に読書通帳は飛び火。通帳のデザインもそれぞれ独自で展開している。中には銀行の通帳さながら、本の金額が印字される機械もあり、後から見て「こんなに本代が浮いたのかぁ」などとにんまりできる。

 さらに読書通帳は図書館だけではなく、なんと中学校の図書室でも実施がスタート。
全国初となったのは、東京都江戸川区立上一色中学校(たかひら注:2011年11月導入)。
同校はもとより入 学から卒業まで100冊読破を推奨していた学校であったこともあり、2013年度・14年度の奨励校として指定された際に導入した。
全国に先駆けたモデル 校として現在も活用されている。
副校長も「子どもたちが積極的に読書をするようになってくれました」と喜ぶ。
(引用ここまで)

既に読書通帳は、文科省も効果的であると気付いて調査を始めていて、中学校でも導入事例が出てきています。
「市立図書館に導入するかどうかを検討する」など、周回遅れです。



ATM感覚「読書通帳」が人気 貸し出し倍増の図書館も :朝日新聞デジタル
若松真平  2016年1月4日16時36分
より

 履歴を目に見える形にすることで読書意欲を促し、図書館を活性化させようという狙いで、大阪府八尾市は2014年4月に導入した。
現在は市内4カ所の全ての市立図書館で利用されている。

 通帳は市内の中学生以下の子どもに無料で配布。八尾図書館では導入後の児童図書の貸し出しが約2倍に増えたという。
館長の南昌則さんは「子どもの 読書が減っているなかで、まずは遊び心で図書館に足を運んでもらうことを期待していました。最終的には学力アップにつながったらうれしいですね」と話して いる。

 2015年10月に導入したばかりの兵庫県西脇市にある西脇市図書館では、市の人口4万2千人に対して、2万冊の読書通帳を準備。
年齢を問わず、希望者に無料で配布している。


■価格がネック?
 全国的に導入が進んでいるが、価格は導入費用も含めて1台500万円ほど。ためらっている図書館もある。
 そこで内田洋行では、カウンターにも設置できるコンパクトサイズの低価格商品を発売し、公共図書館だけでなく、学校への普及も目指している。

 同社ユビキタスラ イブラリ部の部長・中賀伸芳さんはこう話す。
「地方創生・少子化・子育て支援といわれる中、地域の中で図書館の役割は、ますます重要になってきています。 読書通帳を通じて、子どもたちだけでなく、お母さん・お父さん・おばあちゃん・おじいちゃんの笑顔も増やしていきたいと思います」


■大きく分けて3分類
 本格的なシステムを導入しないまでも、読書通帳を利用する取り組みは広がっている。全国の読書通帳の導入状況について調べている、郡山女子大学図書館の和知剛さんによると、大きく分けて以下の3種類に分かれるようだ。

 【預金通帳タイプ】専用の機械で貸し出し記録を印字する

 【自書タイプ】利用者が自分で貸し出し記録を書き込む

 【お薬手帳タイプ】貸し出し記録が印字されたシールを貼り付ける

 自書タイプは自分で管理する手帳として、お薬手帳タイプについては、預金通帳タイプを簡素化してシールを印刷して自分で貼る仕組みとなっている。

 2014年10月、お薬手帳タイプの「図書館読書手帳」を導入した埼玉県の行田市立図書館。子ども用だけでなく、妊婦向けの手帳も作成し、胎教に関するアドバイスや、おすすめの本やCDのリストが掲載されている。
妊娠期から出産後に読み聞かせた40冊を記録でき、親から子へのメッセージも書き込める。
 「自由に書ける欄を大きめにとることで、いろいろな記録に役立てるようにしてあります」と、単なる読書記録以外の使い方を提案している。

 和知さんは、「読書通帳は、これから学校などにも導入が進む可能性があります。子どものころからの読書習慣を大人になってからも続けるための『橋渡し役』として活用できたらいいと思います」と話している。

この記事へのコメント