11.24 第2回目100条委員会 議事録風 その3 稲田悦治質問

4. 稲田悦治(岸和田創生)質問 そもそも自分が議会のルールも理由もなく守らず、私の指摘には只々トンズラするだけの輩でおるくせに、問題追求などできるはずもなく、毎度の中折れぶりを開陳したのだった。 その夜は、日田氏や京西氏らと「どやった、俺の仕事ぶりは? 井舎のおらん分まで張り切ったやろ?」と自画自賛するも、両人からは「お前は、毎度、チュート半端なんじゃ! せやから、たかひらからも逃げるしか…

続きを読む