岸工会談合事件について。 西田武史ファミリー企業な西田工務店の関与も。

岸和田市で今も税を食み続ける土建屋と政治との癒着は、今に始まったことではない。 見つめる岸和田11号でもお知らせしたように、福祉センターや市役所が、なぜ法定耐用年数の60年を待たず、45年程度で外壁の崩れなど、ボロボロさが増して、建て替えの必要があるのか? その元凶こそが、この岸工会事件だ。 当時の中澤米太郎・市長が、そのからくりの創始者かは不明だが、少なくとも表立って大問題となったのは、…

続きを読む